CMスポンサーの売り上げが落ち、パワーダウン摘されて久しい地上波テレビ局。“経費削減”の影は、あちらこちらに現れているようで……。

「自社制作番組の削減。これが一番効果ある“経費削減”ですが、局内のモチベーションは下がりますね」

 こう嘆くのは、ある地方テレビ局の編成マン。聞けば、近年では大阪名古屋など較的大都市部の地上波放送局でも自社制作テレビ番組を取りやめ、在キー局の番組をネットする傾向が高まっているという。

「ただ、フジテレビ系列月曜火曜金曜日テレ系列金曜午後7時台など、近年はゴールデンタイムであってもCMローカルセールス(番組スポンサーを各地方局で調整する時間帯)を設定しているケースが急増。となれば、自分たちで売り上げを立てなければならない。が売れればいいのですが、営業が弱いテレビ局なんかはかなり、苦戦している」(同)

 さらに究極の“経費削減”として、こっそり行われているモノもあるという。なんと、ニュース番組の「事前収録」だ。

「基本的にニュース番組は不測の事態に備えて生放送するのですが、こちらも予算削減によりアナウンサー深夜勤務が厳しく制限されています。となれば、事前収録するしかなくなってきているんです。局によっては、午後9時前や深夜帯のニュースを夕方ニュース終了後の午後8時くらいから衣装チェンジして収録。場合によっては、翌の分までやるところもあるようです」

 もっとも、選挙や地元で大きな事件や事故が発生している場合はこの限りではなく「生放送で対応する」というのだが、突発的な対応は難しいだろう。

 聖域のない“悪”は、どこまで進んでしまうのか。

※イメージ画像