【元記事をASCII.jpで読む】

 アップルは、第8世代CoreシリーズにCPUを変更した、2018年モデルの13インチ/15インチMacBook Proを発表。すでにウェブサイト上での注文受付を開始している。

 まず、13インチモデルについては、「Touch Barあり」モデルにのみ第8世代Core i5/i7を搭載(無しモデルについては第7世代のまま)。これによりコア数が2から4に倍増。「従来の2倍高速な処理能力を発揮します」としている。また、2017年までの13インチモデルでは「Touch Barあり」が「無し」と比べて、バッテリー容量が少ないことが弱点だったが、58Whへと増量(従来は49.2Wh)。スペック上の動作時間は10時間と変わらないが、より長いバッテリー駆動時間に期待できる。

 15インチモデルでも第8世代Coreシリーズにより、コア数が4から6に増量。こちらは最大70%高速だとする。CPUのオプションでは12MBの3次キャッシュを搭載したCore i9の選択もできる。さらにうれしいのが、メインメモリーが最大32GBまで追加できるオプションが用意された点。ストレージについても4TBまで拡張が可能になった。こちらもバッテリー容量は83.6Wh(従来は76Wh)に増量されている。

 第8世代Coreシリーズを搭載した新MacBook Pro共通の進化点としては、iMac Proで初めて導入されたApple T2を搭載。システムのセキュリティが強化されたほか、Macでも「Hey Siri」と呼びかけて、Siriが起動できるようになった。また、バタフライ構造のキーボードは第3世代に進化。より静かにタイピングが可能になったとしている。またiPhone Xでも採用された「True Toneディスプレイテクノロジー」が加えられている。


アップルから、第8世代Coreシリーズ搭載のMacBook Pro発表! 詳細スペック表付き