●自身の演じる各キャラクターを、3人はどう捉えているのか?
シリーズ累計140万部を超える人気ライトノベル『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』のTVアニメが現在放送中。主人公・坂本拓真が、自身のプレイするMMORPG「クロスレヴェリ」の世界に魔王・ディアヴロとして召喚される。そしてディアヴロが召喚したふたりの少女、シェラ・L・グリーンウッドとレム・ガレウと行動をともにする事になったところからスタートするという、ちょっとセクシーなシーンも織り交ぜられた異世界冒険譚だ。

今回は、同作のTVアニメ放送にあたって、メインキャストであるディアヴロ役の水中雅章、シェラ・L・グリーンウッド役の芹澤 優、レム・ガレウ役の和氣あず未の3人へのインタビューを敢行。6月末に開催された先行上映会を控えた、作品がアニメファンの目に触れる直前の3人の声をお届けする。

▼先行上映を直前に控えた、生の想い

――まずは、先行上映会を目前に控えた今のお気持ちをお願いします。

水中 緊張しますね。やっぱり原作があるので、そちらのファンの方々にどういう風に感じられるのかというのも気になるところではありますけど、本当に面白い作品になっています。なので楽しんでいただけるんじゃないかな? って思ってます。

芹澤 私も、原作ファンの方のイメージの中のシェラちゃんを壊しちゃいないかな? って若干不安なところもあるんですけど。やっぱいちばんの不安は……"肌色に対して、みんなどう思うのか"というところですね(笑)。その要素が刺さる方ももちろんいるとは思うんですけど、原作自体がとても面白いので、そういう部分からも好きになってもらえたらいいなって思います。

和氣 私も、原作があるからこそ、お客さんの前で1話を観るっていうのは緊張しますし。オーディションで選んでいただいたからには全力で演じないと! って思うんですけど……、戦闘してるときとかシリアスなレムは「イメージ通りだ!」って思われても、"肌色演技"で「あれ? 想像と違うぞ?」って思われるのも嫌なんですよ。すべてのレムちゃんを頑張って演じているので……緊張と楽しみとが、両方あります。

――では続いて、皆さんがそれぞれ演じられているキャラクターの最初の印象と、好きなポイントをお教えください。

水中 第一印象は「いやぁ、面白い役だなぁ」でしたね。やっぱりディアヴロは、坂本拓真との切り替えっていう部分がすごく大切な役で。それで会話の中心にいる人物になるので、このかわいい女の子キャラたちにどう接して演技すればいいのかな?というところを考えながらやっています。でも、ディアヴロの中にある、かわいいところも好きですね。

――拓真としての表情も。

水中 好きです。結構ユーモアがあるひとりツッコミも多いので。原作とコミックを読ませていただいた時、「これはもう、自分が楽しんでやるしかないな!」と感じるシーンが多かったので、思い切りやっています。

和氣 その切り替えが、ほんとにすごいなって思いました。

芹澤 うん。ね!

水中 (恐縮しながら)そんなことないです……!。

和氣 これは別録りじゃなくて、その場で切り替えて演じられているんですけど、「どうしてそんなに、器用に切り替えられるんだろう?」って。

芹澤 でも、そのために現場ではずっと台本とにらめっこしてらっしゃるんで、「きっと楽にやってるんじゃなくて、いろいろ考えて切り替えられるように真面目にやってらっしゃるんだなぁ」って。

水中 いやいやいや、コミュ力がないだけです(笑)。

和氣 真面目なんですよね。

水中 いやぁ……そう言っていただけるとありがたいですね。ホント、でも恐縮です。

和氣 謙虚だなぁ(笑)。

――そこまで拓真を引きずらなくても(笑)。

芹澤 もう、謙虚すぎ! 簡単なことをやってるわけじゃないですからね!

▼演じるキャラクター以外の"推し"にも迫る!

――芹澤さんはいかがですか?

芹澤 第一印象はもう"胸"ですよね(笑)。でもキャラデザ自体がすごくかわいいんですよ! 原作のイラストの鶴崎(貴大)先生がすごく繊細な女の子の絵を描かれるんですけど、かわいさと繊細さと大胆さを兼ね備えていて、最高だなぁと思いましたね。

――そして、演じているうちにさらに好きなポイントも見えてきた。

芹澤 なんか、シェラって邪心がないんですよ。結構レムと言い合いする場面とかでは結構ズバズバ言うんですけど、それは敵意とか悪意があって言うわけじゃなくて、まっすぐに「そう思ったから口に出す」感じなんですよ。そういうあまり計算しないピュアな部分って、あんまり私にないと思ってるんです。それは自分にないものだからこそ苦戦してる部分でもあるんですけど、すごく好きだしいいなと思います。セクシーなシーンでも、行動自体はあざといんだけど本人はそう見せようとしているわけではないので、「あざとくなってほしくない」みたいに言われているんですよ。

和氣 私のレムの第一印象は、やっぱりお耳と尻尾ですね。異世界モノなのでいろんなキャラクターが出てくるなかでも、耳と尻尾があるってだけですごくかわいいですし。それに、アニメと原作とで絵を比べると、原作は"綺麗な女性"っていう大人っぽさを感じたんですけど、アニメではちょっと幼く見えて。かわいい女の子だなと思って、印象が変わった気がしました。

――変わった印象への、演じる際のすり合わせはスムーズに行きましたか?

和氣 はい。やっぱり、すごい秘密を隠し持っている子なので、演じていて重たい部分がすごくあって。キャラクターも結構クールめで、そんなに感情を表に出すほうじゃないんですけど。シェラみたいなズバズバ言い合えるある意味仲のいい子ができて、シェラに言われたことに対してムキになっちゃったりして、どんどんレムの年齢にふさわしい性格が見えてきたな、って演じていくうちに感じました。それに話数を重ねるごとにだんだんふたりに心を開いてきてるな、っていうのも感じますね。

――ちなみに、演じられているキャラクター以外で好きなキャラをあえて挙げるなら?

和氣 私、エミールです。まず女性の味方って言うことだけで好きになっちゃうんですけど……。

芹澤 チョロいなぁ(笑)。

和氣 優しい男性好きなので(笑)。しかも女性だけじゃなくて、女性を味方する男性も好きだぞ、みたいな心の広い正義感みたいなのも好きだし、ちょっと空回ってるところもダサかっこいい残念系なので、応援したくなっちゃいます。

――ちょっと愛らしいポイントもあるというか。

和氣 そうなんです。イケメンすぎないところが、いいなぁって思っちゃいますね。

芹澤 私は、エデルガルトが好きです。オーディションのときに一応全キャラ読ませていただいたんですけど、エデルガルトのところに"日本語がカタコト"みたいなことが書いてあって。でも「"魔族のカタコト"ってなんだろう?」って。そのときは理解しきれなかったんですけど、エデルガルト役の(加藤)英美里さんがアフレコですごく不思議な日本語を喋ってて「……あぁ、そう来るんだぁ!」って思って。耳にやけに残るし、変なクセもあって……すごく癖になるなって思いました。

――カタコトでも、例えば英語っぽかったり、中国語っぽかったりといろいろありますけど……。

芹澤 それが本当に不思議で、"魔族のカタコト"としか言い表せないんですよ!

水中 僕はシルヴィですかね。あの見た目でギルド長で、しかも年齢不詳って書いてますけど、たしか歳上なんですよね。で、シルヴィはボクっ娘なんですけど、大久保(瑠美)さんの演技もかわいくて。ちょいちょい絡むシーンもあるんですけど、セリフの掛け合いをしてるだけで、楽しくなりますね。

●アフレコ・OPテーマ……作品を形作るそれぞれの裏側に迫る
▼和やかさも締まりもある、アフレコ現場

――アフレコは半分ほどまで進んだとお聞きしたのですが、キャラクター同士だけでなく現場での距離感も近くなっていっている?

芹澤 でも、さっきも言ったんですけどすいちゅうさん(水中)、超マジメに台本読んでるんですよ!

水中 いやいや、僕は和気あいあいとしてるメンバーだと思いますよ?

和氣 あはは(笑)。してはいるんですけど、ね?

水中 ……なんかすいません(笑)!

芹澤 でも女子たちは、キャッキャしてるよね?

和氣 うん。だから、なんか面白いことやったらいいんじゃないですか?

芹澤 新提案(笑)。

水中 あはは(笑)。無茶ぶりがすごい!

和氣 福山雅治さんのマネとか、そういうのを……。

水中 ……いや、絶対スベりますって!

芹澤 でもどうやら、アフレコ後の飲み会では結構はっちゃけてるらしいんですよ! 私たちはラジオの収録とかで行けてないんで、噂だけは聞きますけど。毎週、原作者のむらさき(ゆきや)先生がいらしてくれるので、編集の方とむらさき先生と、親密な関係に……。

水中 "意味深"にね(笑)。でも僕も話しかけてますよ?ちょっとは。

和氣 ちょっとは(笑)。

――おそらくそれは、あまりまわりに届いていなさそうな……。

水中 ですよね。たしかに台本は読んでるんですけど、そんなにずっとやってるつもりはないんだけどなぁ……?

和氣 私、唯一「あ、話しかけられた」と思ったのは「ここのイントネーションは……」っていうね?

――芝居の話ですね。

芹澤 マジメだなぁ(笑)。

水中 いや、ほんとごめんなさい!結構録ってるっていうのに、これはないですよね。

――それと、追加キャストの方々の顔ぶれもすごいですね。エミール役に置鮎龍太郎さん、キイラ役に石田彰さん、ガルフォード役に大塚明夫さん。

芹澤 それもあって、毎週緊張もするよね。

和氣 うん。ビシッとしなきゃって思っちゃいますよね。

芹澤 でも皆さん怖いというわけじゃなくて、皆さんフレンドリーで話しかけてくださるんですけど……。

水中 勝手に恐縮しちゃいますよね。

――だからこそ、お芝居を観ていて勉強になるところも?

水中 もちろんです。僕は特に追加キャストで発表された方と絡むシーンばっかりなので、家で「これどうしよう?」って台本を読んで。でも結局は、「必死にやるしかないな」っていう感じですね。あとは役として、どれだけ踏み込めるか? っていうところだと思うので。もう、"リアル魔王ロープレ"だと思ってます。

和氣 そういう部分だと、私はキイラですね。イメージしていたキイラはすごくお金持ちのお坊ちゃんでしっかりしていて、でも狂うときは狂う……っていうものだったんですけど、でも石田さんのお芝居を実際に拝見すると、ていねいにやるというよりも崩しながら汚いところも出していく、という感じだったんですよ。それを目の前で聞いて、「わっ、すごい!」と思って。もう憎らしくなるぐらい、キイラのことが気になって気になって仕方がなくなっちゃいました。

芹澤 私も、お兄ちゃんなので絡むのは基本石田さんが多いんですけど、すごいなって思います。シェラも種類は違えど悲鳴みたいな叫びが多いんですけど、キーラが発狂するようなシーンでの迫力が、やっぱり段違いで。怯えてるときの悲鳴って、自分の中ではもっともっと追求できるなっていつも思うんですけど、石田さんの"実際にそこにいるように感じる悲鳴"を聞いて、改めて「すごいな」って感じました。

▼OP歌唱における、ふたりの試行錯誤とは?

――さて、芹澤さんと和氣さんは"SUMMONERS 2+(サモナーズ ツ―)"のメインボーカルとしてOPテーマも歌われていますが、曲を聴かれたときは最初どのように感じましたか?

和氣 私、冒険系のかっこいい曲なのか、私たちが歌うのでかわいい系のどっちが来るんだろう? って思ってたんですけど、すんごいかっこいい曲をいただいて。歌い分けも多くて……「レムで歌うのは難しいなぁ」と思ったんですけど、私がレコーディングする前にシェラの歌が入っていて一緒に歌えたので、すごく歌いやすかったです。

芹澤 私、ゲームのOPみたいな感じだなって思いました。作品の舞台自体、「クロスレヴェリ」の世界観のままの異世界なので。音もバンドサウンドのかっこよさと言うよりも、デジタル系の音が結構多めで、すごくピッタリだなと思ったんです。でも私の中ではシェラは、歌がうまいというよりもちょっと音が外れちゃう子かな? ぐらいのイメージだったんですよ。だからどこまで音のかっこよさに合わせるのか、それともザ・キャラソンみたいに歌うのか……と考えていたんですけど、アニメのスタッフさんも立ち会ってくださったおかげで、ちょうどいいところを取れたと思います。

和氣 私自身も歌がそんなに得意でもないのもあって、私からしたら難しい曲でした。だから、練習するときは自分の歌いやすい感じでいたんですよ。でもレコーディングでは「キャラクターを大事にして」と言われて、本当に1行歌ったら「これはレムちゃんの声かな?」っていう感じで一緒に音響さんと考えて、歌でもていねいにキャラクター作りをしていったんです。今までもアニメの曲とかはたくさん歌わせていただいていたんですけど、こんなにキャラクター重視で一緒に考えていくのは初めてだったので、シェラとレムっぽいキャラクター性の乗った曲ができたんじゃないかな、って思いました。

――そんなOPを聴かれて、水中さんいかがですか?

水中 純粋に「すげぇなぁ……」と思いました。キャラクターであそこまで歌えるっていうのが、すごいですよね。僕、キャラクターソングの経験というか歌をそもそもやったことがないので、「こういうお仕事もあるんだなぁ……」って思いましたし。それにOPもEDも世界観にピッタリなので、単純に尊敬しました。

和氣 うれしいです!でもそんなディアヴロも、いつか歌うかもしれないですよね?

水中 いやいや、もう合いの手で……(笑)。「エクスプロージョン!」って。

芹澤 間に技入れてくるんだ(笑)。

――その場合、ディアヴロか拓真か、どっちで歌うんでしょうね?

和氣 あー……両方聴きたいです!

芹澤 わかる。どっちも好き。

水中 ……ハモります?

――また難しい道を(笑)。

水中 いやいや、できないとは思いますけど(笑)

●曲も歌声も映像も、見逃し厳禁のEDテーマ
▼芹澤歌唱のEDは、ふたりからの評判も上々

――そして芹澤さんが歌われているEDテーマ「最悪な日でもあなたが好き。」ですが、芹澤さんはこちらを聴かれたときの最初の印象はいかがでした?

芹澤 「ハニワさん(=HoneyWorks。本作のプロデュースを担当したクリエイターユニット)、一生ついていきます!」って思いました。本当に、待ってたものを作り出してくれたなっていう感じで。というのも、おまかせはしたんですけど、ただ「なんでも!」というよりは私の意志が乗っていたほうがいいかなと思って、「こんなのが好きです」みたいなのを「あくまで全部希望ですよ?」結構長々と書いて送っちゃったんですよ。そしたらほとんど全部汲み取ってくださって!「やっぱ天才だぁ……!」って思いましたね。あとやっぱり、シェラのディアヴロに対するまっすぐな想いみたいなところを芹澤 優として歌える、すごくいい恋の歌ができたんじゃないかなと思います。

――歌声がかわいめな印象を受けました。

芹澤 ホントですか? 私、曲を聴いたイメージで歌ったんですよ。あまりかわいくかわいく歌っちゃうと、シェラに寄り過ぎちゃうかなと思って、自分の中ではいつもどおりって思ってたんですけど……かわいいですかぁ?

水中 言わせに行ってるじゃないですか(笑)。

――あざとさを出しに行かずに、曲から感じた通り歌ってかわいく聴こえているというところ自体が、シェラと近い気がします。

芹澤 あ、たしかにそうかも……うん、よかったです!

――水中さんと和氣さんは、曲を聴かれていかがでしたか?

和氣 私、まずタイトルが好き!

芹澤 うれしい!

和氣 「最悪な日でもあなたが好き。」って日なんてないじゃないですか? 私、最悪な日はもう全部嫌いになっちゃうんですよ。でもこういう誰かに向けてのまっすぐな歌詞と曲名って、すごく一途でピュアな感じがして……しかも本人にも言ったんですけど、私本当に、セリコちゃんの声がすごく好きで。透き通ってる歌声とかもすっごい綺麗で、歌詞とメロディに合ってて……最高ですね。本当に、この曲を聴くと"最高な日"になりますね。

芹澤 和氣ちゃん、めっちゃED曲を口ずさんでくれるんですよ! 仮歌の時点で鼻歌をうたってくれるぐらいだったんです。

水中 ……いやぁ、言いたいこと全部言われちゃいました(笑)。僕、芹澤さんが歌のお仕事もされているというのを知ってはいたんですけど、聴いたことがなかったんです。それで今回初めて聴かせていただいたんですけど……本当にいいなと思ったら、言葉出てこないんだな、と思って。「はー……すごい……」って。

――語彙を失ってしまう感じ。

水中 はい。ほんとかわいいですよね。EDの映像見たときに、Aメロ後半の「ねぇもっと」の入り方が超かわいくていいなって思いました。

芹澤 あーうれしい、あーうれしい(照)。

水中 それに、気持ちが歌に乗ってるっていうのは、聴いてて気持ちいいなって思いました。こんなにストレートに歌詞も入ってくるんだ、って。

和氣 だからフルサイズ聴けるのが楽しみ楽しみで……MVとかないかなぁって……。

芹澤 できたんですよー!

和氣 早く観たいー!

芹澤 ……いい現場だなぁ(笑)。あとEDは、映像も素敵なんです。原作の鶴崎先生のイラストがEDを飾っているので、原作ファンの方はめっちゃ嬉しいと思います。やっぱり原作ファンの方にとっては、この絵が元々の頭の中のキャラクターたちだと思うので。

▼3人が語る、ストーリーの見どころ

――では最後に改めて、今後の作品の見所や、注目してほしいポイントをいただけますか?

和氣 最初は心を許さなかったレムなんですけど、1話で最初ディアヴロに心を開いて、言い合っていたシェラともだんだん仲良くなって……いつかディアヴロとシェラが、レムちゃんの抱えている秘密を一緒に解決していってくれるんじゃないかな? と私自身もすごく楽しみにしています。あと……私の"肌色演技"、どうでした? やっぱり苦手意識がありすぎて、ずっとそればっかりが心配なんですよ。なのでそこだけでいいので……いや、全部欲しいですけど、感想お待ちしてます(笑)。

芹澤 芹澤も"肌色演技"はほぼ初ということで……やっぱどうだったか、ちょっと感想を(笑)。

和氣 気になるよね(笑)。

芹澤 でもシェラも頭の中からっぽではあるんですけど、自分の意志はすごく強い子で。それ以外にもキャラクター一人ひとりみんなちゃんと抱えているものがあって、それを仲間がいるから、解決したり消化していったりできる……という感じでストーリーも毎回充実しているんです。だからきっと皆さん、最後まで楽しく観ていただけると思います!

水中 僕もアニメーションで女の子に手を出すというのは……。

芹澤 初めてだ(笑)。

水中 やっぱね、ちょっと感想をいただきたいですね(笑)。一応、女性陣のかわいさを邪魔しないような演技を心がけてはいるので、そこも注目していただきたいですし。それに先ほど芹澤さんも言われてましたけど、物語が進むにつれて、毎話毎話物語が紡がれていくので、そのなかでの見どころもたくさんありますし。特にシェラ・レム・ディアヴロは一緒に行動するので、そこのやり取りもすごく面白いんですよ。なので、そういう部分も注目しながら、最後まで観ていただきたいなと思います!

(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王製作委員会
(須永兼次)

画像提供:マイナビニュース