金融庁は12日、東日本銀行(東京都中央区)に対し、業務改善命令を出す方針を固めた。改ざんされた審査書類に基づいて融資を行うなど、内部管理体制に重大な不備があると判断した。13日にも処分する。金融庁は昨年末から立ち入り検査に着手し、業務の状態を調べてきた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら