平昌五輪で銅メダルを獲得した女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」(LS北見)と俳優の江口洋介が出演するキリンビールの新CM 本麒麟「ロコ・ソラーレ」編が、13日より順次放送される。

「本麒麟」は、さわやかで上質な苦みが特長のドイツ産ホップを一部使用した、力強いコクと飲みごたえのあるおいしさを実現した新ジャンルのアルコール飲料。「あなたの一番うまい!になる」をコンセプトにした同CMは、女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」の5人がそろって出演する初のCMで、5人の笑顔と江口との掛け合いが見どころとなっている。

ロコ・ソラーレの5人のもとに江口が「本麒麟」を手にして登場。「LS北見のみなさん、シーズン終了おめでとうございます」と江口が声をかけると、5人は声をそろえて「ありがとうございます!」と元気な笑顔を見せる。その後、「本麒麟」をグラスに注ぐ江口に対し、「飲んでおいしいとか言うんですよね」と吉田知那美選手がお茶目に声をかけると、江口は「言わないでいいです」とコメント。それでもおいしそうな「本麒麟」を見て、「すっごいおいしそうなんですけど」と吉田夕梨花選手らは口をそろえる。

そして、和気あいあいとした雰囲気の中、「本麒麟」を味わった5人は「おいしい!」と思わず口に。江口が「言った! 言わなくていいって言ったのに!」とツッコみ、6人で笑顔あふれる掛け合いを見せる。

撮影現場で、ロコ・ソラーレの5人は初めてのCM撮影とは思えないほどリラックスし、スタッフや江口とも大笑いしながらトーク。お酒のCMが初めてとは思えないほどの上手な飲み方にスタッフは感激し、演技も初めてとは思えないナチュラルな演技で驚いたという。「ただ一つ残念だったのは、誰も『そだねー』と言わなかったことです」とのことだ。

画像提供:マイナビニュース