テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第10日は12日、女子シングルス準決勝があり、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が勝ち、それぞれ決勝へ進んだ。決勝は16年と同じカードとなった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら