iPS細胞由来の巨核球(血小板を作る細胞)から、輸血に必要な量の質の高い血小板を作ることに成功したと、京大iPS細胞研究所などのチームが発表した。チームは血流の乱れ(乱流)が巨核球からの血小板生成を促していることを突き止め、乱流を発生する培養器を開発し、血小板を短期間で大量に作製できたとしている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら