「私、若いからおばさんじゃないもん」なんて思っている人はいませんか?

いくら年齢が若くても、あなたの行動をじっくり男性視点で見ると「おばさんだな~こんな子と付き合ってるのイヤだな」ということもあるのです。

そうなったら大変! そんなにならないためにも、こっそり男性が教えてくれた“恋愛おばさん化”についてお教えしましょう。

デートおばさん

行動、しかもデートをめんどくさがるおばさん

「今度に行かない」と誘ったら「えー遠くない? 」スポーツ観戦に誘えば「日焼けするし疲れちゃう」だって。だるいのか知らないけど、デート自体をめんどくさがるって。じゃ何をすればいいの? お茶飲んでぼーっとするの?

めんどくさいなら少し距離を置いたほうがいいんじゃないの。こういう子に限ってでダラダラしてると「信じられない」とか言い出すんだよね。(23歳・会社員)

を出して数えるおばさん

たまにカフェ代を払ってくれるのはうれしいんだけど、お釣りを「イーーチニーサーン」だって。たぶん意識なんだろうね、笑わそうとしてるわけじゃない。あと彼女電話を掛けるときもを出して電話するの。

「ええと、〇〇さんに電話しなきゃ。どれだ、あったあった〇〇さん……」と言いながらタップ。心の中で言えないの?(25歳・会社員)

他の女性メラメラするおばさん

通り過ぎる女性を品定めしてる。若い女の子に敵意があるらしくて「なに、あの子。ちょっと見てよ」とこき下ろす。

デート中にそれはないよ。性格の悪いおばさんて感じ。「あんな若い子より私のほうがいいでしょ」って言いたいんだろうけど、逆効果。(24歳・会社員)

セックスおばさん

男性だって緊するのに全然緊もせず、手慣れてるなんて、おばさんです。

化粧おばさん

ホンモノのおばさんなら素顔を見られたくないのは分かるんだけど、隙あらば化粧直しして厚塗りしてる。すっぴんのほうがいいんだけどな。(32歳・会社員)

ピルおばさん

避妊は二人で協するもの。一方的に避妊をリードするのはまさに経験豊富なおばさんがすること。「私、ピルを飲んでるから気よ、心配しないで思う存分できるわよ」って、どこのおばさんかと。(33歳・会社員)

風呂おばさん

ホテルでえんえんと長風呂で待つこと30分以上。満足そうに出てきた彼女「あっ、ごめんね。高いシャンプーとコンディショナーだからを洗っちゃった」だってさ。かすのにも時間がかかるし……。「高いものだから使う」っておばさんの考え。(22歳・学生

口ぐせおばさん

口ぐせっておそろしい。知らないうちにおばさんぶりを男性に見抜かれてしまうから。

以下の言葉は絶対に男性の前では使わないでくださいね

「よいしょ」

男性お母さんデートしている気分に。ホテルで「よいしょ」と座ったりして。

「どうも」

ありがとう」じゃなくて「どうも」。これじゃおばさんじゃなくておじさん。そもそも「どうも」って感謝していませんよね。

「私、前にそこ行ったことある~」

「だから? 昔行ったからなに?」と男性は思うようです。それでリードしてくれたり案内してくれるわけでもない。ただ、自慢するおばさん

おわりに

いかがでしたか。

男性の考える“恋愛中のおばさん化”をいくつかあげてみました。この中で気をつけたいことは

行動をめんどくさがる 他人への嫉妬丸出し 口ぐせ

の三つ。「おばさんみたいだからやめろ」と言ってくれる彼ばかりではありません。気をつけましょうね。(たえなかすずライター

カツ編集部)

<こんな記事も読まれています>

●知らない間に恋心消滅!職場でやってはいけない非モテ行為

●「心のメタボ」に気をつけて! 心から生まれるあなたの非モテな言動4つ

●「いいな」と思った男子に恋愛対象として見てもらう方法とは?

iStock-603250276k (1)