【大きい画像を見る】第二次世界大戦FPS『BATTALION 1944』大型アップデート実施! 悪評を払拭できるか

今年2月よりSteam早期アクセスを開始した第二次世界大戦FPS『BATTALION 1944』ですが、デベロッパーのBulkhead Interactiveは非常に大規模なアップデートを実施しました。本作の中核となるコンペティティブモードの完全改良版“Wartide 2.0”から装飾品の新たな入手システム“BattleRank”、武器とマップの追加や各機能の改善まで、あらゆる部分に手が加えられているようです。


“Wartide 2.0” - 完全に改良・改善されたコンペティティブモード、“BattleRank”ベータ2018 - シーズナルな無料の装飾品プログレッションシステム改良された移動システム - リーンの改善、ジャンプショットのナーフ、よりスムーズな移動新たなコンペティティブマップ - Savoia, Italy新たな武器 - MP28、Grease Gun武器バランスのリワーク - 様々な武器の選択肢とスナイパーのナーフLANサーバーのサポート - Grenade Training(スタートモード)を含む新しいHDレンダラー - 改善された次世代のビジュアルを取り入れる新たなマッチメイキングシステム - 安定性の向上著しいパフォーマンスの最適化 - ほとんどのシステムで120fps以上を実現新しいHDサウンドエンジン - 高度なサウンド減衰実験中 - 空いているサーバースロットにボットを追加。死んだプレイヤーが操作可能。実験中 - 開発中のマッチリプレイシステムを追加(三人称視点のみ)
詳細なチェンジログはSteamコミュニティーに掲載されています。


初動のつまずきでユーザー評価はあまりよろしくない『BATTALION 1944』。コミュニティーの望む機能を取り入れたと言う今回の大型アップデートで悪評を払拭することができるのでしょうか。【ほかの画像を見る】第二次世界大戦FPS『BATTALION 1944』大型アップデート実施! 悪評を払拭できるか
第二次世界大戦FPS『BATTALION 1944』大型アップデート実施! 悪評を払拭できるか