(C)UNIVERSAL PICTURES

イルミネーション・エンターテインメントが満を持して贈る最新の長編アニメグリンチ』の日本語吹替え版キャスト大泉洋が決定。日本版予告映像が到着した。

原作は、偉大な絵本作家ドクタースースの名作グリンチ』で、アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともいえる民的キャラクターとなっている

ハリウッド映画での吹替は初となる大泉が演じるグリンチは、常に不機嫌で周りの村人たちに意地悪をはたらくという、ひねくれ者。小さい頃は純で可かったのに、オトナになったらいじわるなヤツになってしまうという役どころで、少しぽっちゃり気味の全身の身体に、トレードマークであるマフラーを巻き、ふてぶてしく歩く姿は、どこからしく憎めないキャラクター

配給会社の担当者は「グリンチというキャラクターに出会った間、っ先に大泉洋さんを連想しました。大泉さんをもしアニメキャラ化したら、きっとこんな感じだろうな…と。いえ、決してひねくれている所が似ているという意味ではいです。違います。」と、そんな“ちょっと可愛いひねくれ者”を演じきれるのは彼しかいないと熱オファーの理由を明かした。

本作の日本開日は、クリスマスを直前に控えた12月14日)に決定した。

大泉洋コメント

今回が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いで、いじわるばかりしている“ひねくれ者”です。
そんなグリンチキャラクターにぴったりということでオファーを頂いたそうなのですが、“正直でピュア大泉洋”としましては、「なぜだろう?」と不思議に感じております!
でもこれがまた憎めない部分もある本当にユニークキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!

ストーリー概要

つぶらな瞳がらしいキュートな幼少期のグリンチ(ベビーグリンチ)から、すっかりひねくれてしまった大人の「グリンチ」はというと…。洞窟の中で暮らし、マックスの献身的なにもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人達にいじわるをして楽しむひねくれ者に。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな”クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう…小さい頃はあんなに可かったのに、大人になるまでに一体何があったのか…!?そしてグリンチのとんでもない計画はどうなるのか…!?

関連記事

ミニオンのスタジオ最新作『グリンチ(The Grinch)』12月に公開決定!
『ミニオンズ』スタッフが贈る『ペット』がアメリカで1億ドル超えの大ヒットを記録!
【速報】任天堂と『ミニオンズ』のイルミネーション、「スーパーマリオ」映画の制作を発表!
欠点を持ったキャラクターを描くイルミネーション作品5選
字幕派の私が『SING/シング』を吹替版を観たらド肝を抜かれた話