「見てみろ、の鼻とのくちばし、人間の顔を持った化け物だ」

 毛のピンク色の肌に覆われた生き物を、男性奮気味にそう表現した。うつろに半開き。時おり口をパクパクと動かすも、を出すことはできないようだ。顔の輪などは、確かに生まれたばかりの人間の新生児のように見えるが、から生まれたという。

 広東江門の住民によって撮影されたこの動画は、6月末にネット上にアップされると、「人間との交雑種」として話題に。中国Twitter「微博」や、同じく中国Line「微信」などのSNS拡散された。

 もちろん、人間とが交雑することなど生物学的にあり得ず、ネット上の戯(ざ)れ言にすぎない。ところがこの動画、なぜか中国ネット上から突然殺された。動画投稿サイトアップされていた動画や、それを転載した微博の書き込みも、7月6日時点でその多くが閲覧できなくなっている。また、この動画は複数の海外サイトでも取り上げられたが、中国メディアはどこも報じていない。

 まさか本当に、当局がその存在をにできない未確認生物だったのだろうか……。そんな臆測も呼びそうだが、中国事情に詳しいフリーライター吉井透氏は話す。

中国では最近、ひとつや、おでこ男性器のような物体が生えたなど、奇形の誕生が相次いでいます。その原因として摘されているのは、環境汚染です。こうした話題が広がれば、民衆の間では、環境汚染対策への不満や、食品衛生上の不安が広がりかねない。そういった理由から、当局のネット規制に引っ掛かったか、動画投稿サイトSNS運営会社が当局に忖度して削除しているのでしょう」

 ちなみに英ミラー」などの報道によると、この人面は生後わずか2日で死亡したというが、環境汚染を続ける人類への神の警告だったのかもしれず、このまま闇に葬っていいものか……。

問題の人面豚。確かに、人間の新生児にも似ている……