時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)の細田守が、『バケモノの子』(15)以来3年ぶりに監督する『未来のミライ』が、いよいよ7月20日()より開される。細田オリジナル脚本で展開する本作の主人公は、都会の片隅にある小さなで暮らす、甘えん坊な4歳の男の子“くんちゃん”。

【写真を見る】星野源もタジタジ!?“公開プロポーズ”に会場騒然!

生まれたばかりのに戸惑っていた彼の前に、未来からやってきたミライちゃんが現れることから始まる小さなくんちゃんの冒険を、上白石歌、黒木華をはじめ、星野源麻生美子吉原夫、宮崎美子役所広司福山雅治声優キャストの熱演とともに描きだす。このたび映画開を記念し、7月12日に上白石黒木星野細田監督が来阪、親子試写会の舞台挨拶に登壇した。

イベントには映画テーマでもある家族にちなんで関西の親子800名が参加し、キャスト監督が登壇すると温かい拍手で包まれた。各キャストが「夏休み6時に起きてラジオ体操に行くのが日課でした。今でも行きたい」(上白石)、「公園花火をしていたら半ズボンの隙間から花火が中に入って股間を火傷したことがあります(笑)皆さんは真似をしないように!」(星野)など、自分の子供のころの夏休みエピソードを披露すると、会場からは驚きのリアクションが。

子供たちからの質問コーナーでは、細田の熱ファンという女の子からファンレターが直接手渡しされ、温かい雰囲気に会場が包まれた。また「隣のクラスに気になる子がいるのだけど、どうしたらうまく行きますか?」という可らしいの悩みに対して、上白石は「私も小学生のころ隣のクラスに好きな子がいて手紙を渡したことがあるので、手紙を書いてみては」と自身の体験に基づくアドバイスをする一幕も。

星野さんはどうして結婚しないのですか?」という直球に対して星野が「したいです!相手を探してください」と返すと、会場の女の子から「好きです、結婚してください!」というまさかのプロポーズが飛び出す。星野は「まさか結婚相手が現れるとは」とびっくりしながらも「よろしくお願いします!」とまんざらでもない様子を見せた。

最後の挨拶では、細田が「とても楽しい時間をありがとうございました。この会場にいる子供たちの笑顔を見ていると3年間かけてアニメーションを作ってきて良かった。そんなに長くない映画なので、最後まで楽しめると思います。是非楽しんでください」と結び、大盛況のうちに舞台挨拶は終了した。

山下達郎による題歌シングルミライテーマ/うたのきしゃ」も11日に発売され、開までの1週間で更なる盛り上がりが期待される本作。このる、素敵なミライまもなくやってくる!(Movie Walker・文/編集部)

『未来のミライ』が大阪を席捲!