1〜2人用テントには、コンパクトにたためて持ち運びやすいと謳われているものが多くあります。

しかし実際には、組み立てと片付けに難易度の高い立体パズルをやるようなスキルの要や、他の荷物と一緒にパッキングすることが難しいので、結局は持ち運びが快適とは言えないということもしくありません。

しかし、そんな問題をコロンブスの卵的発想で解決してしまったテントがリリースされました。

組みを抜いてしまえば、ジャケットとして着られるテントTent Jacket』です。

入り口のドアネル部分がフードとして使えるなど、トランスフォーマーの変形機構が実にユニーク

テントなので当然、防水素材でできており、レインコートとしても機します。

YouTubeコメント欄には「ホームレスにいいんじゃないの?」なんて書き込みもありますが、これで生活できてしまえるレベルに仕上がっている、と言うこともできるでしょう。

着ながら移動できて、荷物の軽量化に

Image: ADIFF

重量は1.5kg程度ということなので、さすがに一般的なコートとべればやや重いのはデメリットかもしれません。でも、革ジャンなら3kg程度のものがザラにありますし、テントとして持ち運ぶ必要がない分、荷物を軽量化できるメリットで補ってお釣りが来ますね。

まあ、「テント状態のときにが降ったら着たくないかな」って思いますけど、の中を移動するつもりなら条件が悪いことに変わりはないし、雨上がりならテントをかしながら移動できると考えれば、むしろアリなんじゃないかと。

価格は350ドル(約3万9000円)で、送料が25ドル(約3000円)となっています。

Image: ADIFF

Source: ADIFF, Youtube / INSIDER