ユニットコムは7月13日、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」にて、第2世代AMD Ryzen 5 2600Xを搭載するクリエイター向けミドルタワーPC「SENSE-R0X4-R52X-QT」を発売した。価格は129,578円(税込)。

Zen+アーキテクチャの6コア/12スレッドCPUは最大4.2GHzで動作。マルチスレッド性能も高く、コストパフォーマンスに優れる。グラフィックスには、512基のCUDAコアと2GBのGDDR5メモリを搭載するNVIDIA Quadro P620を採用している。

主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 2600X(3.6GHz)、チップセットがAMD X470、メモリがDDR4-2666 16GB(8GB×2)、ストレージが2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P620(2GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1×2、USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×7、HDMI×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約W190×D485×H424mm。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース