右肘の靱帯を痛めた米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が手術を回避し、まずは打者で復帰を果たした。だが投手としての復帰時期は未定で、予断を許さない状況が続く。

 肘関節で骨と骨をつなぐ靱帯の負傷は、投手につきものと言っていい。ヤンキースの田中将大投手は2014年に右肘の靱帯損傷で長期離脱し、カブスのダルビッシュ有投手はレンジャーズ時代の2015年に右肘靱帯を再建する「トミー・ジョン手術」を受けている。

 大リーグの各球団はチームの浮沈を握る投手のけがに、どのように対処しているのか。一般的な手術や注射以外に、ドナーからの移植、人工素材を使った補強、リーグを挙げての予防法探しなどさまざまな策が講じられている。

自分の血液成分を患部に注射する

 大谷は6月初旬にPRP注射という治療を受けた。大リーグ公式サイトによると、渡米前から右肘の内側側副靭帯に小さな損傷があり、昨年10月にも同じ治療を受けたという。PRPとは「platelet-rich plasma(血小板を豊富に含んだ血漿)」。患者から採った血液を分離し、血小板を多く含んだ血漿を抽出して患部に注射することで、治癒を早めるとされる。

 現在の球界では一般的な治療だが、自分の血液成分を患部に注射する治療法が報道によく登場するようになったのはここ5年ほどだ。

 2011年のシーズン後にアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)がPRPに似た消炎治療をドイツで受けた際には、(ロドリゲスに薬物使用疑惑があったからでもあるが)ちょっとした騒ぎになった。キャッシュマン・ゼネラルマネジャーは当時、AP通信に対して治療の正当性を説明し、世界反ドーピング機関(WADA)が認めている治療法だと強調している。

 大谷にとっては、PRP注射による治療で同じけがから復帰した田中が心強い先例になる。田中は大リーグ1年目の2014年7月上旬に右肘内側側副靭帯の部分断裂で離脱したが、同年9月終盤に復帰。今季までエース級の働きを続けている。

 切れた靱帯が自然治癒して元通りになるわけではないが、部分断裂なら投球に耐えることもある。つまり田中が昨季まで2年連続で規定投球回数を上回る活躍を見せているのは、傷ついた靭帯に十分な強さがあるからである。ただ大谷の靱帯の損傷が田中と比べてどの程度であるかは分からず、投手としては「予断を許さない」と言わざるを得ない。

他人の腱で復帰目指したピッチャー

 大谷が回避し、ダルビッシュが受けたトミー・ジョン手術とは、前腕や脚から切り取った腱を肘へ移植し、切れた靱帯の代わりとする手術である。骨に開けた穴に腱を通して固定すると、腱は時間をかけて靱帯と同様の組織に変わり、骨と骨をつなぐ。1974年にドジャースのトミー・ジョン投手が受けたのが最初で、その名で呼ばれるようになった。第1号のジョンは術後に164勝し、通算288勝を挙げた。手術の最高の成功例と言われる。

 野球ライターのジェフ・パッサンが2016年に著した“THE ARM”(「腕」)は、トミー・ジョン手術の現状を伝えた傑作だ。取材対象は大リーグの選手、関係者はもちろん、日本の高校野球選手にまで及び、読み物としての面白さだけでなく、資料的価値も高い。

 レッズなどで活躍したトッド・コフィー投手のケースは興味深い。2012年に2度目のトミー・ジョン手術を受けたコフィーは、移植に必要な12センチ以上の状態のいい腱が前腕や太もも裏に残っていなかった。医師は交通事故で死亡した24歳の男性の太ももの腱を移植することを決断。臓器を扱う会社から病院が3000ドル(約33万円)で購入した「ドナーID101079556」の腱はコフィーの右肘の一部となる。

 コフィーは「あなたとあなたの愛する人がいなかったら、セカンドチャンスはなかった」と記した遺族への手紙を臓器会社に託し、感謝を伝えた。「ドナーID101079556」としてしか知らない青年の遺族を大リーグ復帰戦に招待することを目指してリハビリに励む姿が本には描かれている。

 残念ながらコフィーは大リーグ復帰を果たすことができなかった。2014年にマリナーズ傘下の3Aタコマで36試合に投げ、防御率1.93と投手としては復活を遂げたが、昇格の声がかからず、以後はメキシコや米独立リーグでプレー。2017年に引退を明らかにした。

投手の肘に人工素材を使う試みも

 移植手術が40年以上にわたって主流のままであるのは、投球の負担に耐える人工靭帯がないからだ。だが部分的な補強なら、投手の肘にも人工素材を使う試みは始まっている。

 パッサンは、トミー・ジョン手術の第一人者であるジェフリー・デュガス医師が考案した新しい肘の手術を紹介している。使用するのは化学繊維の縫合糸で編んだ幅3ミリ、厚さ1ミリのテープで、牛皮から抽出したコラーゲンでコーティングされている。このテープを骨に固定して靱帯を補強する「簡易版トミー・ジョン手術」は2013年に初めてアラバマ州の高校生投手に施された。少年は大学でも投手を続けたという。

 最大の特長は復帰までにかかる時間の短さだ。復帰に1年以上を要するトミー・ジョン手術に対し、新手術は順調なら5カ月で実戦に復帰し、6カ月で公式戦に登板できる。プロなら10月1日に手術を受ければ、開幕戦で投げられることになる。これを大リーグ球団が見逃すはずがない。カージナルスの2投手が2016年に新手術を受け、このうちセス・マネス投手は2017年5月にロイヤルズで大リーグに復帰している。

“サイボーグ化”の正当性が議論になる?

 人工素材を使った手術は、少年に多い剥離骨折型の靱帯損傷に有効で、骨に近い部分の損傷を補強できる。一方で、靱帯の中央部に損傷があるケースには有効でない。大リーガーには靱帯中央部の断裂が多く、新手術を受ける選手は今のところ少ない。

 近い将来、本格的な人工靱帯が投手の肘に使われる日が来るかもしれない。ただ人工靭帯で復帰した選手が大活躍すれば“サイボーグ化”の正当性が議論になるだろう。

 トミー・ジョン手術についてもパフォーマンスを向上させるサイボーグ化だと信じる人たちがいるという。だが術後の球速アップなどを示す科学的データはない。大リーグ機構は少年野球の指導者、保護者向けの啓発サイト「ピッチ・スマート」で手術によって球速が上がることはないと強調している。

100億円を守るための「けが予防」

 米国のスポーツ医療は、プロリーグの資金力をバックに進歩を続ける。だが投手の肘の負傷を予防する有効な手立てはいまだに見つかっていない。ブルージェイズのチェリントン編成部長は、トミー・ジョン手術があまりにも効果的だったために球界が靱帯損傷の予防に取り組まなくなったとの見解を“The Arm”の中で述べている。

 大リーグ機構は科学的なけがの予防法を確立するため、2009年からジョンズ・ホプキンズ大に選手の医療記録の分析を依頼している。例えば太もも裏の肉離れについては、大半が開幕から6週間以内に起きていることが分かり、キャンプ中に対策を講じることで目覚ましい予防効果があったという。

 球団側が予防に力を注ぎ始めたのは、戦力維持だけが理由でなく、経済的損失を避けるためでもある。例えば田中の今季年俸は2200万ドル(約24億4000万円)、ダルビッシュは2500万ドル(約27億8000万円)。USAトゥデー紙によると、年俸2000万ドル(約22億円)以上の先発投手は2人を含めて16人おり、全員が複数年契約で最低4年は保証されている。100億円単位の投資が、投手の肘の靱帯に懸かっているのだ。

 これまで故障予防に関する情報は戦略として扱われ、チームを越えて共有されることがあまりなかった。サンプルが限られていたことが、対策が進まない一因だった。大リーグ機構と選手会は情報共有を進めようと、2014年ドラフト組の医療情報を追跡して故障の原因を探る試みを始めた。ヤンキースなど5チームがプロジェクト開始時から全面協力している。

 前述の「ピッチ・スマート」によると、大リーグ投手の約25%がトミー・ジョン手術の経験者だ。手術法が進歩するだけでなく、予防法が確立され、大谷のような才能が守られることを祈る。

(神田 洋)

投手として、故障前、最後の登板となった6月6日のロイヤルズ戦 ©getty