【ロンドン時事】メイ英政権が12日に政策白書として発表した、欧州連合(EU)からの離脱交渉に関する方針をめぐり、英国の金融界からは「真の逆風だ」と批判の声が上がった。一方で、警戒を強めていた産業界には安堵(あんど)感から歓迎を表明する向きもあり、ビジネス界全体としては複雑な反応となった。

 白書の方針では、英国に拠点を置く金融機関がEU域内で自由に営業できる「単一パスポート」待遇について、継続を要求することを断念。障壁が生じる見通しとなった。一方で、工業製品の安全基準などでEUと共通のルールを採用し、英EU自由貿易圏の創設を提案するなど、モノの移動では離脱の影響を最小限にとどめる。

 ロンドンの金融街を代表する団体であるシティー・オブ・ロンドンは「金融などのサービスには真の逆風だ」と不満を訴えた。経営者団体の英産業連盟(CBI)は、モノの移動などへの配慮を評価し、「実利を優先したことを称賛する」と歓迎。英小売協会は「進展を歓迎するが、さらに明確にすべき点が残っている」と指摘した。