ホークス周東も持ち味のスピード披露で優秀選手賞

 7月12日弘前で行われたウエスタン・リーグイースタン・リーグによる「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」。ウエスタンが3-1でイースタンを破り、表選手は以下の通りとなった。

◯最優秀選手賞 石垣中日

◯優秀選手賞 周東ソフトバンク

◯優秀選手賞 清宮幸太郎北海道日本ハム

 最優秀選手に選ばれたのは中日石垣。4回裏にDeNA阪口からバックスクリーンに飛び込む本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 優秀選手に選ばれたのはソフトバンク周東と日本ハム清宮だ。周東は3回裏に二塁打を放ち好機を演出すると、その後、俊足を飛ばして本塁に生還。4回裏には左前打を放つなど、3打数2安打の活躍。フレッシュオールスターの舞台で自慢の走とともに打も披露し、支配下登録に向けてアピールに成功した。

 そして、もう一人の優秀選手に選ばれたのは日本ハム清宮。4回表の第2打席で右翼席に飛び込む快な本塁打を放った。「(優秀選手は)とれるとは思っていなかったので栄に恥じないようなプレーを心がける」と、後半戦に向けた意気込みもった。また「フレッシュオールスターゲーム2018」を「どんなプレーがあっても皆笑顔で、楽しかったの一言。普段戦っている人たちと一緒に戦えたことがうれしかった」と振り返った。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供パ・リーグ インサイト

日本ハム・清宮(中央)は本塁打を放ち優秀選手賞を獲得【写真:藤原彬(PLM)】