“下敷き&キス”されたカメラマンが海外メディアにあのシーンを振り返った

 サッカーワールドカップW杯ロシア大会は11日、準決勝でクロアチアイングランドに2-1で勝利。延長戦までもつれ込む死闘を制し、初の決勝進出を決めた。話題を集めているのが延長後半4分の決勝点の直後の一幕だ。歓喜のあまり、撮影していたカメラマンが、クロアチアの選手たちの“下敷き”になってしまうアクシデントが発生。クロアチア選手が、巻き込んでしまったカメラマンにお詫びキスをするシーンが話題を呼んでいたが、そのカメラマンが海外メディアの取材に対して、あの間を回想している。

 話題となったのは、延長後半4分のマンジュキッチのゴールの直後だった。左コーナーポスト付近で、折り重なって喜びを爆発させるクロアチアの選手たちだったが、ここで撮影していたカメラマンも巻き込んでしまった。下敷きになりながらも、これ以上ない歓喜の間を逃すまいとシャッターを切り続けるカメラマンだったが、次の間だ。

 歓喜の輪にいたDFドマゴイ・ビダは何事かカメラマンにをかけると、突然頭にキスをし、さらにハグをして気遣ったのだ。怪がないか、機材は壊れていないかなど、心配したようだが、テレビにもばっちりと映り、一気に世界中に広まった。

 一躍注の的となったカメラマンは、フランスの通信社「AFP」に所属するユーリコルテス氏だった。スペインマルカ」のメキシコ版「ディアリオレコード」の公式ツイッター開されたインタビューでは“下敷き&キス”された間を振り返っている。

「あの間、彼らが自分の方向に向かって来たので、近くで撮れるようにカメラを広レンズに交換したんだ。選手達は奮し押し合っていたので、その時椅子がひっくり返った。カメラの準備はできていたから、ずっと写真を撮り続けたんだよ」

問題の“キスシーン”は「からされたのかわからなかった」

 まさに卓越したプロ根性だ。とっさにレンズを付け替えて、もみくちゃにされながらもシャッターを切り続けたと振り返った。

 そして問題の“キスシーン”についてはこうった。

「(びっくりしたか?の問いに)もちろん! 最初はからキスをされたのか分からなかった。その後に彼らは気遣ってくれて、『大丈夫か?』と聞いてくれたんだ」

 インタビュー開した同メディアは「なんてストーリーだ! クロアチアの勝利のゴールとなったお祝いで、ユーリコルテスは予想しなかった距離でのお祝いを経験。奮によってキスまでもらえた」と同氏にとっては幸運だったとつづっている。

 下敷きになりながらも、必死で撮り続けた写真は全世界に配信された。よりも間近で奮を感じられる。カメラマン利に尽きる出来事だったのかもしれない。(THE ANSWER編集部)

勝ち越し点を決めて喜びを爆発させるクロアチア【写真:Getty Images】