子役として芸デビューした人の中には、いつの間にか芸界から姿を消してしまった人もいれば、順調にキャリアアップする人もいます。
そこで今回は、最高の成長を遂げたと思う元子役について探ってみました。

1位 神木隆之介
2位 安達
3位 井上
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「神木隆之介」!


テレビドラマ『グッドニュース』(TBS系)や『あいくるしい』(TBS系)をはじめ、多くの作品に出演し、人気子役として活躍した神木隆之介
子役特有のかわいい役だけでなく、テレビドラマSPEC警視庁公安公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』では超能力を持つミステリアスな役を、映画、部活やめるってよ』では地味男子役を熱演するなど、10代でさまざまな役柄に挑戦して演技の幅を広げてきました。
20代になった現在は、昔と変わらない少年っぽいあどけなさや透明感がありつつも、大人としての魅がグングンアップしています。

2位は「安達実」!


彼女が一躍脚を浴びた作品といえば、「同情するならをくれ」の台詞で有名な『家なき子』(日本テレビ系)。オーバーオール姿の幼い少女が世の中を強く生きぬく姿がお茶の間の涙を誘いました。
パッチリとした瞳とらしい笑顔キュートだった安達実も、現在36歳。すっかり大人の色気が感じられるようになり、過ラブシーンも難なくこなすように。さまざまな役柄を演じ分けることができる演技女優へと成長しました。

3位は「井上央」!


テレビドラマ映画で大活躍の人気女優井上央。かつて大人気だったおテレビドラマキッズ・ウォー~ざけんなよ~』(TBS系)に子役として出演したことがきっかけでブレイク
2005年には大人テレビドラマ花より男子』(TBS系)で演を務め、2011年には連続テレビ小説おひさま』(NHK)のヒロインに抜2015年には大河ドラマ花燃ゆ』(NHK)で演を務めるなど、順調に女優としてのキャリアを積んでいます。

このように、年齢とともに演技に磨きがかかり、活躍の幅を広げている元子役が上位にランクインする結果となりました。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、元子役の中でが最高の成長を遂げたと思いますか?

写真タレントデータバンク
神木隆之介|1993/5/19生まれ|男性|埼玉県出身)
安達祐実|1981/9/14生まれ|女性|A型|東京都出身)
井上真央|1987/1/9生まれ|女性|O型|神奈川県出身)

調方法:gooランキング編集部が「リサーチプラスモニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40男女:複数回答)
調期間:2018年6月28日2018年6月28日
最高の成長を遂げた元子役ランキング