イングランド戦の延長後半にFWマンジュキッチが決勝弾も…歓喜直後に決定的

 11日のロシアワールドカップW杯)準決勝のクロアチアイングランドは、延長戦の末に2-1で勝利したクロアチアが同史上初の決勝進出を果たした。クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを決めたが、直後に撮影された“恐怖顔”が世界で話題を呼んでいる。

 試合は開始5分、イングランドのDFキーラン・トリッピアーが直接FKで鮮やかに先制点を叩き込んだ。一方のクロアチアは後半23分、右サイドからのクロスMFイバン・ペリシッチがアクロバティックなシュートゴールネットを揺らし、1-1のまま延長戦に突入した。そして迎えた延長後半4分、相手DFのクリアボールをペリシッチが頭でつなぐと、エリア内に抜け出したマンジュキッチが振り向きざまに左足を振り抜き、これが決勝弾となって史上初の決勝進出を果たした。

 注を浴びているのは、マンジュキッチが決勝ゴール叩き込んだ直後の写真だ。マンジュキッチが雄叫びを上げると、チームメイトたちが一斉に駆け寄って歓喜の輪ができた。すると勢い余ってカメラマンたちのスペースになだれ込み、あるカメラマンを押し倒す形となりながらも選手たちは喜びを露わにしている。

 思わぬ形で巻き込まれたのは、カメラマンのユーリコルテス氏。だが、倒れ込みながらもカメラのシャッターを懸命に押し続け、“決定的間”をフレームに押さえていた。


マンジュキッチの表情が「エクスタシーから恐怖に」

 英デイリーメール」は「クロアチアの選手たちに埋もれながらも、カメラマンは歴史間の写真を撮り続け、璧な間を捉えている」と絶賛。マンジュキッチがチームメイトに祝福されるなかで哮を上げながら倒れ込む間に加え、カメラマンのコルテス氏を巻き込んだなかでマンジュキッチの表情が歓喜から一転して恐怖に変わる決定的ショットが撮影されている。

 記事では「マンジュキッチの顔がエクスタシーから恐怖に変わるのを見ることができる」と言及。返信欄では「素晴らしい」「良い写真だ」「それが起こるのを見ていて、とても面かった」などの反を呼んでいる。

 史上初の決勝進出を決めてフランス突するクロアチアだが、意外な形でも注を浴びているようだ。


Football ZONE web編集部)

イングランド戦で決勝ゴールを決めたマンジュキッチ【写真:Getty Images】