スタジオノックオムニバスアニメ「ちいさな英雄 カニタマゴ透明人間」で描かれる3作品の独立スターが、一挙に開された。

同作は、「メアリ魔女」で知られるスタジオノックが新たに送り出す短編アニメプロジェクト「ポノック短編劇場」の第1弾。「メアリ魔女」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督オリジナルストーリーにはじめて挑む「カニーニとカニーノ」、故・高畑勲監督の右腕として活躍した百瀬義行による「サムライエッグ」、宮崎駿監督作品の中心を担ったアニメーター山下が手がける「透明人間」の3本で構成され、木村カエラエンディング題歌を担当。声優として、木村文乃鈴木央、尾野千子、篠原大、坂口健太郎、オダギリジョー田中泯が出演する。

このほど開された3種類のポスターには、カニ兄弟の冒険ファンタジーカニーニとカニーノ」に「生まれたら大冒険。」、実話をもとに描く少年ドラマサムライエッグ」に「いのちは、負けへん。」、見えない男の孤独な戦いを描く「透明人間」に「ぼくのことが、見えるんですか。」とのキャッチコピーが配され、タイトルどおり、それぞれの“ちいさな英雄”をイメージさせるビジュアルとなっている。

「ちいさな英雄 カニタマゴ透明人間」は、8月24日から全開。

(C) 2018 STUDIO PONOC