【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は12日、米ラジオとのインタビューで、「経済は極めて好調だ」と述べ、緩やかな利上げを維持する方針を示した。米中間などの貿易摩擦をめぐっては、高関税を背景に物価上昇が加速して「非常に厳しい状況」に陥るリスクがあると警戒した。