講談社イブニング」で連載中の松浦だるまの同名コミックを『ストロベリーナイト』(13)や『ポイズンベリー』(15)などジャンルを問わずその才を発揮する佐藤監督実写映画化した『累-かさね-』(9月7日開)。このたび本作からセンセーショナルなポスター画像が到着した。

【写真を見る】不思議な世界観を1枚で表現!累とニナはポスターでも表裏一体

幼いころから自分の醜い容姿に劣等感を抱きながらも、伝説女優だった母親譲りの天才的な演技を持ち合わせる累と、美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え舞台女優として開かずにいるニナキスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な口を使って顔を入れ替えた2人が、嫉妬欲望うごめく憎劇を繰り広げていく本作。

“醜い”累と、“美しき”ニナを演じるのは、昨年末に大ヒットを記録した『8年越しの 奇跡実話』や13日()から放送開始のドラマ「チアダン」など出演作が相次ぐ土屋太鳳と、NHK連続テレビ小説べっぴんさん」で注を集め、日本テレビ系ドラマ「高嶺の」にも出演中の芳根京子。いまをときめく若手実女優2人が、気迫る演技で“1人2役=2人1役”をいう難役に挑む。

このたび到着したポスター&チラシビジュアルは、2人の主人公の関係性からインスパイアされた、反転させても“両A面”の仕上がりに。センセーショナルなコピーに囲まれながら顔を寄せ合う土屋と芳根の美しも妖しい表情を写したものと、本作の世界観を1枚で表現した不思議なものが、表裏一体の関係を作り出している。

先日解禁された予告映像に負けず劣らず衝撃的なこのビジュアルからもわかるように、美しさとダークさ両面を持ち合わせた本作。この一番の問題作との呼びも高い、劣等感と欲望が渦巻くドロドロバトルに、思わず心奪われてしまうこと間違いなしだ。(Movie Walker・文/久保田

『累-かさね-』は9月7日(金)から公開