周りに気付かれるレベル貧困ではない。でも、このまま続いていたら……。そんな今ならどちらにも転ぶ可性のある男性に話を聞き、でも陥りそうな借を始めた細なきっかけや、返済方法、なぜそんな状況に陥ってしまったのかを聞いた。

「ずっと借などしていない綺麗な身だったのに、一度口実をつけて借をしてしまうと、軽い気持ちで重ねてしまうんですよね」とるのは、都内の印刷会社でデザイン仕事をしているHさん(36歳)。

 彼はデザイン部のリーダーとして働いている。収は額面で40万ちょい。8万円の都内の賃貸で幼稚園に通う子供2人と奧さんとの4人暮らしだ。さんはパート勤務をしており、経済的には余裕がありそうに見える。しかし、Hさんは現在220万円ほどの借家族に内緒で抱えている。まず、借を始めたきっかけを聞いてみた。

結婚式です。結婚式300万円で、お互いの両親から100万ずつもらって、2人で50万ずつの予定だったんです。でも実際はあれよあれよで70万ほど溢れてしまって。そこでにいい恰好をしてしまい、貯があるとをついてしまったんです。ご祝儀などで少しは返せたんですが、結局50万ほどの借が残りました」

 そんなHさんが最初に手を出したのは銀行系消費者融。そこは借入額によって返済の最低額が決まっていた。

100万円以下なら々1万以上の額を返済していくことになっていました。2万返済すると、それだけ返済期間がくなる感じです。

 その時はとは全に財布を分けていて、お互い決まった額を生活費に回すことになっていたんです。自由に使えるお金が結構あったので、返済は余裕だと思っていたんです。でも、独身の延長のように飲みに行ったり、好きなを好きなだけ買ったりなどの生活を続けてしまって……。結婚して1年ほどで小遣い制に変わっちゃったんですよね」

 毎のお小遣いは5万円。そこまで少ない額でもなかったが、財布が別々だった頃のお金の使い方を脱することができなかったという。

「毎1万の借返済に、タバコ代も1万ほどかかるので実際に自由に使えるのは3万円ほど。小遣いは足りなくなったら追加してくれるとは言っていたんですが、なぜ足りなくなったかの理由を細かく報告しないといけなくて。面倒だったんです。

 それに、どうしてもランチ飲み会を制限することはできないんですよね。ここを制限されると何のために働いているかわからなくなっちゃうんですよ。ランチ牛丼だけなんて毎日はどうしてもしたくないんですよね」

◆昇進しておごる機会も増え…

 さらに、同じ時期に昇進があり、周りは同僚から部下の立場に変わり、飲み会での立場も変わってしまう。

「周りにお小遣い制になったことさえも伝えてなかったんですよ。カッコ悪い感じがしたんですよね。彼女の時は対等だったのに、になってに弾かれてる感があるのをどうしても認めたくなくてね。飲み会では、今まで同僚だった人でも出さないといけないような気持ちになるんですよ。役職手当なんて微々たるものでそれはお小遣いに反映されていないのに。それに結婚したからなのか、会社にいる女性社員がかわいく見えるんですよね~。ついカッコつけてしまってランチなども奢っちゃっていました」

 見栄をるために1万返済して、2~5万さらに借りるというような生活を続けてしまい、利息分なども含め、3年ほどで借は上限の200万円に達してしまったそう。そこで今はおとなしい生活をしていると思いきや、「2枚のクレジットカード独身時代から個人で所持していたので、そこで毎の返済額をキャッシングして返済しているんですよ。そろそろ首が回らなくなってきています……」とのこと。

 今はネットで簡単に借り入れができてしまう時代。決して行き過ぎた贅沢ではなくても、独身からの気持ちを引きずるとHさんのような借生活に陥る可性は大いにある。今後借がバレてHさんの庭にヒビが入らないことを祈るばかりだ。〈取材・文/ 文子〉