【サンパウロ時事】メキシコ北西部バハカリフォルニア州テカテで10日朝、州公安局長が所有する家の敷地に手投げ弾を搭載したドローンが落下した。局長は別の場所に住んでおり、死傷者は出なかった。

 地元報道などによると、家の上空に2機のドローンが浮かんでいるのを警備中の警察官が発見。うち1台が庭に落下した。ドローンには粘着テープで2個の手投げ弾が装着されていたが、爆発はしなかった。