日本オートキャンプ協会はキャンプの状況を分析した「オートキャンプ2018」-寒くたってキャンプ-を刊行。オートキャンプ参加人口は、5年連続で増加していると伝えた。

同書は、2017年オートキャンプの状況をキャンパー、キャンプ場、用品、クルマと4分野に分けて調・分析したもの。

2017年は、近年人気が高まるキャンプシーズンに連休が少なく、また台風などの接近したことから、シーズン後半のキャンプの需要が高まった。

それを示すように、キャンプ場の利用データでは、11・12月、1・2・3月がいずれも前年を上まわり、季のキャンプ用品の販売も好調だった。

その結果、2017年に1回以上キャンプをした人の数「キャンプ参加人口」は840万人と、2016年830万人を1.2%上回り、5年連続して前年プラスに。

こうした背景には、前述の季の活性化の他、平日利用者の増、90年代キャンプブームの時代に家族キャンプを経験した団塊ジュニアの世代が中心世代として参加していることなどがあげられるという。