7月12日深夜に放送された「ゴロウデラックス」(TBS系)に、「ルネッサ~ンス!」でおなじみのお笑いコンビ髭男爵山田ルイ53世ゲスト出演。「雑誌ジャーナリズム賞」を受賞したという山田が、“一発屋芸人”について思いを明かした

【写真を見る】「雑誌ジャーナリズム賞」の「作品賞」を受賞した髭男爵・山田ルイ53世

いつもは大で「ルネッサ~ンス!」と登場する山田だが、この日は「しっとりとした間には合わないかなと」と小の「ルネッサ~ンス!」でスタジオ入り。あまりの小稲垣吾郎も「一応言ったの?」とツッコむほど。

そんな山田2015年に自身の半生をつづった書籍「ヒキコモリ漂流記」を出版。その文才が話題になると、2作一発屋芸人列伝」を2018年に書籍化、雑誌編集者113人が投票し決定される「雑誌ジャーナリズム賞」の「作品賞」を受賞した。

山田は受賞について「素直にうれしかったですね。取材させていただいたのは、リスペクトしている方ばかりなので、その方々のことも認められたかなと」としみじみ告白した。

稲垣は「髭男爵一発屋芸人?」と質問。山田は「もちろん、もちろん。正確に言うと0.8発屋なんですけど…。ミスター一発屋的な、一番年も上なんでダンディ坂野さん、あの方を1としますと、われわれ髭男爵とかジョイマンクールポコ。とかその辺は0.8になります」と自己分析。さらに小島よしおレイザーラモンHGなどは「二発屋」とも補足した。

その後も続々と名前の挙がる一発屋芸人たちにテンションが上がる稲垣テツandトモには「懐かしい!『なんでだろう』でしょ?」、レイザーラモンHGには「『フォー』ですよね」など、身ぶり手ぶりを交えて表現した。

ネット上では「フォー!が甲高すぎる件カワ」「郎さんの『フォー!』」「フォー可愛い」「ゴロちゃんのフォー!」などと大きな盛り上がりをみせた。

次回の「ゴロウデラックス」は7月19日深夜放送。山田ルイ53世の後編をオンエア予定。(ザテレビジョン

稲垣吾郎の「フォー!」が話題に