アルジェリア代表MFリヤド・マフレズは過去数シーズンに渡り噂されていた、念願のマンチェスター・C移籍を実現させた。同選手は今シーズンの目標や、クラブでの抱負を語った。13日にイギリスメディ『BBC』が伝えている。

 マフレズは今シーズンの目標はチャンピオンズリーグ優勝だという。さらに、マンチェスター・Cを率いるジョセップ・グアルディオラ監督の元でプレーすることに魅力を感じたとのこと。

 同選手は次のように語っている。

「マンチェスター・Cは昨シーズン、チャンピオンズリーグ準々決勝で敗退した。このクラブは今シーズン、その上を目指している。僕がこのクラブに加入した理由は、その大きな目標に向かうマンチェスター・Cの一員になりたかったからだよ」

「グアルディオラ監督は偉大な指揮官だ。彼は複数の優勝トロフィーを掲げてきていて、このクラブでも歴史を作っているよ。僕も全力を尽くして、ここで多くのことを成し遂げたいと思っている」

マンチェスター・Cへ加入したマフレズ [写真]=Getty Images