ライザップでの強CMが印的だった女優佐藤仁美。もともとは清純女優として売り出していたが、30歳を過ぎたあたりから本音を言いまくりの“ぶっちゃけおばちゃんキャラ”として売り出し、さらにCMでシェイプアップして美貌とプロポーションを兼ね備え“パワーアップ”した形だ。が、去る6月27日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、高校時代の後輩から、次々“裏の顔”を暴露された。

 その日の放送回の特集テーマは、数々のスターを輩出してきた「堀越高等学校」。ゲスト佐藤を始め渡辺美奈代、河北麻友子、豊田エリー卒業生だった。視聴者たちからの「どうして芸コースができたの?」「どうすれば入学できるの?」「学校内での恋愛は?」などの疑問に答えつつ、ゲストたちの当時のエピソードが紹介されていったが、佐藤について堀越高校時代の後輩で仲が良かったという俳優山崎裕太が、「清純じゃないですもん。だって、絶対。絶対、清純じゃないです。『男ほしい』とかよく言っていましたもん」と暴露すると佐藤は「ちょっと!ちょっと!ちょっと!」と大慌て。一方で、山崎バランスをとるように「本当に高校生の時は普通にかわいかった」「メチャクチャかわいかったですよ、ホントに」とったうえで、「オレの同級生とか、みんなやっぱ『かわいいよ』『仁美ちゃんかわいい』とか、仁美の大ファン写真集買って」と、佐藤16歳の時に出した写真集「Bless You…!」を周囲の隠れファンが、結構な人数で買っていた話も明かしていた。

「さらに佐藤自身も、在校時にはKinKi Kids堂本剛と同じ芸コースだったため『嫉妬されてたみたいなの』があり、こそこそ悪口を言っているのが聞こえたので、授業後にその生徒の机の前に行って、バーンと机を蹴って『何だよ! 何だよお前?』ってと、“シメた”なんていうしい一面も明かしていましたね。堀越高校の校則は芸コースのある学校だからこそ逆に厳しいそうで、男女交際はもちろん、ピアス茶髪、帰途の寄りもダメだったとか。当時の佐藤裏ボスぶりは、そうした校則や清純を強いられる表の部分への反発だったのかもしれませんね」(芸記者

 もっとも、こうした裏の顔イメージも、本人が了承済みなわけで、ある種イメージ戦略であるとも言える。ネット上では鼻んでいるような反応も見られた。

〈この方を見ていると年をとればとるほど「品」が大切なんだなと思う。大飲みでもいいけど、なんか品がないんだよなぁー。なんなんだろう〉〈さっきテレビで見たけど、痩せて老けた。髪の毛も細くなって薄く見えた。私はぽっちゃりの方が良かったな??〉〈とりあえずなぜこの人が未だに結婚できないのかなんとなくわかるな。痩せたからといって男は近づくとは思えないね〉

 みごとなプロポーションを得て、恋愛への自信も取り戻し、今後は、「40歳までに結婚する」ことを切望しているという佐藤7月28日スタートの話題のドラマヒモメン」では、“ヒモ男”を更生させるべく奮闘する、川口春奈演じる主人公にも劣らぬ“ダメ男好き”の先輩看護師役として出演予定で、バラエティ番組への出演もひっぱりだこだという。織り込み済みで、アンチも増やしつつ、仕事も増えて、まずは「ライザップ作戦成功」か!?

アサ芸プラス