1970年代までは、集団の学園ドラマ制服女子高生たちがにこやかに並んでいた。ところが80年代になると、より鮮な形で制服が意味を持った。

 その原点にして、今も代名詞とされるのが「スケバン刑事」(8587年、フジテレビ系)だ。桜田門の紋章が入った必殺のヨーヨーを武器に、初代・斉藤由貴2代目・南野陽子、3代・浅香がそれぞれ「麻宮サキ」に扮した。

〈スケバンまでったこの麻宮サキが、何の因果か落ちぶれて、今じゃマッポの手先。だがな! てめえちみたいに魂まで薄汚れちゃいねえんだ!〉

 決めゼリフ高知出身という設定の南野、宮崎出身の浅香でそれぞれ変わったが、セーラー服手なアクションというコンセプトは共通している。

「追随した『セーラー服反逆同盟』(86~87年、日本テレビ系)など、アイドルセーラー服アクションをやる元祖になりました。同時に、南野陽子や浅香のように、ここからスターになっていく過程も見せつけた」(アイドル評論家織田二氏)

 中学生の性の覚めをコメディタッチで描いた「毎度おさわがせします」(8587年、TBS系)も、同じタイミング人気シリーズ中山美穂演じるヒロインは、「お前ホウケーだろ」「(全脱ぎを)見たい? 見せてあげよっか?」など、過セリフ伝説のチラリショットとともに連発。

「ちょっと不良で、でも気立てはよく、一途で、性に積極的。嫌いな要素が1つもないヒロインです。セーラー服も似合っていた」(前出・織田氏)

 衝撃の作品といえば、野島伸司脚本の「高校教師」(92年、TBS系)だ。桜井幸子が扮した女子高生二宮は、教師真田広之)とに落ちるだけでなく、実の父親とも関係を持つという役柄。

 実は観月ありさに内定していたのだが、シナリオを読んで観が降し、代役で好演した桜井が高い評価を得た。ラストシーン桜井真田の2人が死んだのかどうかと論争になったほどだった。

アサ芸プラス