異業種から参戦したのは国際政治学者の三浦瑠麗氏(37)だ。

 東大卒で才色兼備。人を小バカにしたような攻めの発言がタマに傷ではあるが、私生活では一児の母というギャップもタマらない。

 6月中旬、六本木ヒルズでプライベートを目撃したテレビ局関係者も感嘆しきり。

「ド派手なサーモンピンクのボディコンドレスを着ていたのでビックリ。ムチムチした太腿も気になりましたが、胸元をギリギリまでさらすキワどい衣装に、目が釘づけになりました。テレビではゆったりしたノースリーブで隠しているようですが、バストのボリュームはEカップ以上。仕事ではキツめのブラジャーで締めつけているので、その反動で巨乳を解放していたのでしょう」

 そんな三浦センセイの「揉みたい偏差値」は100オーバー!

 今年2月の平昌五輪で銅メダルを獲得し、一躍、時の人となったのが、そだねーJAPANことカーリング女子の日本代表メンバー。

 スポーツ紙五輪担当記者が語る。

「特に人気が高かったのが藤澤五月(27)と吉田知那美(26)の二人です。しかし、試合中もウインドブレーカーを脱がない藤澤に対し、吉田のほうはカメラ撮影のタイミングを見てシャツ姿で準備運動を始めるなど、チーム一の大きさをアピール。ショットの時に大股を広げるお尻のラインは女子アスリートとは思えないムチムチ加減でした」

 みごと銅メダルを獲得したあとは、バラエティー番組にも引っ張りダコに。

「チーム主将のマリリンこと本橋麻里(32)からは肉食女子と暴露されていましたが、理想のタイプは『薄毛の男性』。居酒屋好きで、会いたい男性が酒場ライターの吉田類というガードの低さに好感が持てます」(五輪担当記者)

 オホーツク海のようにオープンな道産子乳は、揉み揉みタイムで堪能!

 11人目は、ネットサイト「ウェザーニュース」のキャスター・角田奈緒子(25)だ。

「1000倍の倍率で採用された巨乳お天気アナ。ノースリーブで両腕を胸の下に置くポーズはまるで巨乳グラドルのよう。グラビアカメラマンに指示されたわけでもないのにこのポーズができるのは、天然乳の証しでしょう」(織田氏)

 新星巨乳アナをはじめ、甲乙つけがたい逸材がそろった隠れ巨乳イレブン。揉みたい願望はもはや隠しきれない。

アサ芸プラス