テリー 「紅白歌合戦」にも出られて、当時グループは人気絶頂だったわけじゃない。それは、どんなふうに感じていたの?

重本 すごくうれしかったんですけれど、正直、違和感もありました。だって、これは私たち自身が売れたんじゃなくて、「妖怪ウォッチ」というアニメやゲームが売れているところに、ただ乗っかっただけだってわかっていたので。

テリー あ、若いのに意外と冷静だったんだね。

重本 だって、どこに行っても、出る時はジバニャン(「妖怪ウォッチ」の人気キャラクター)の着ぐるみと一緒ですから。それは、ある意味すごくありがたかったんですが、逆にジバニャンがいないと私たちはどこにも出られないっていうことなんですよ。

テリー そんな状況を、他のメンバーはどう思っていたの。

重本 どうでしょう、私からは伝えましたけど、あんまり理解されなかったんじゃないでしょうか。

テリー それはどうして?

重本 やっぱり、私も含めて、子供の集まりだったんですよ。結成したばかりの時は、みんな小学生や中学生で学校みたいに楽しいムードなんですが、仕事モードにならなきゃいけない時にもそのノリを引きずっちゃうことがあって‥‥。ミーティングで「もっとしっかりやってよ!」みたいに注意していたんです。もっとも、私自身、歌やダンスが特別うまいわけでもないので、そう言えた立場じゃないんですけど。

テリー リーダーっていうのは、そういうことを言って憎まれる立場だからな。ということは、グループ内で1対4になるの?

重本 そうですね。地方へロケやライブで行った時、例えば大阪だったら「みんなでお好み焼き食べに行こう」みたいな話になっても「私は大丈夫だから、みんなで行ってきて」って。

テリー 「あなたがいると楽しめない」なんて言われたりするんだ。

重本 いいえ、みんな本当にいい子なので、全然そういうことは言わないです。なんとなく、「4人だけのほうが楽しめるんじゃないか」と思っちゃうんです。

テリー メンバーとはそんな関係だったとして、ちなみに事務所とはどうだったの。

重本 マネージャーさんとも、うまくいってなかったですね。

テリー ハハハ、最悪じゃないかよ。

重本 本当ですね(笑)、扱いにくい嫌なタイプだったと思います。

テリー なんでそういう面倒なことになったのさ。

重本 私としては24時間365日、ずっと一緒に仕事をしてくれる人がよかったんですよ。でも、マネージャーさんにもプライベートや家族があるので‥‥。

テリー 当たり前だよ。ただでさえ、今、労働時間や残業は問題になっているんだし、そんなの無理だろ。

重本 子供のグループだったし、ファンの方も家族が多いので、土日はたいていイベント出演が入っているんですよ。でも、マネージャーさんは「家族サービスができないから、今週末は休ませてくれ」って‥‥。

テリー 言うよな。そうしたら?

重本 ふてくされます。

テリー フフフ、本当に子供の反応だ。なるほど、ことりさんは意識が高くて頑張り屋だってことはわかってきたよ。

重本 ダメなことを言っているのはわかるんですよ。でも仕事をしていないと、なんだか落ち着かなくて。

アサ芸プラス