巷で話題の新感覚エクストリーム登校コメディちおちゃんの通学路」が2018年7月より放送開始! とでも仲良くなれる性格ゆえに、ちおちゃんたちとは住む世界が違う(!?)「スクールカースト最上位」の存在である彼女には、ある秘密が……? 細川を演じた本渡楓さんにお話をうかがってきた!


【大きな画像をもっと見る】

共感できることがたくさん! のちゃん

――まずは、キャラクター紹介をお願いします。

 

本渡楓(以下、本渡) ちゃんはちおちゃんのクラスメイトで、ちおちゃんとは普段はあまり接点のない子なのですが、ある日通学路で彼女をかけるところから物語に深く関係していきます。ちゃん自身はいつも自然体で、その雰囲気が周囲の人気を集めて結果的にスクールカーストの上位に押し上げたんじゃないかと思います。

 

――陸上部に所属しているのもポイントですよね。

 

本渡 セパレート式の露出度の高いユニフォームを着て部活に励んでいるのですが、アニメPVではなぜか通学路でユニフォーム姿のちゃんが出てくるんですよね。皆さんも最初は「お、いい子がいるじゃん」と思われるかも知れませんが、それをいい意味で(?)裏切れればと思っています。

 

――とご自身で似ているところはありますか?

 

本渡 まずはが短いところですね(笑)。あと、実は走るのが結構好きで、学生時代は部活前にいつも「30分間走」というものをやっていたのでスタミナには自信があります! あまり大きいでは言えませんが、共感できるところはたくさんありました(笑)

  

 

――原作を読んだ感想をお聞かせください。

 

本渡 ギャグ作品であることは間違いないと思うのですが、言い表すのが難しいですね……。「すごい描き方をされているな」というのは感じました。ちおちゃんたちがすごい体勢をしているシーンや、かわいい表情をしていたかと思えば次のページでえげつない表情になったり。キャラの表情の崩しがいのある(笑)作品だと思いました。

  

――アドリブも試される現場だとお聞きしました。

 

本渡 そうなんです! 毎話、「アイキャッチ」と「次回予告」があるのですが、いつもアフレコ現場に来てから「じゃあさん、お願いします」と名されるんです。物語の流れで演じるのか、あくまでもキャラクターを崩さずにいくのかなど、毎回頭を悩ませていました。私も、ちゃんとしていかに攻めていけるかをすごく考えながら臨みました。

回が進むにつれて、稲垣監督からも「もっと面いの、いける?」みたいなディレクションが飛んできたりして、戦々恐々としつつ(笑)、すごくやりがいのある現場でしたね。

  

――印に残っているエピソードはありますか?

 

本渡 ちゃんがランニング仲間ダイエットを成功させたというエピソードがあるのですが「たまたまを走っていて知り合った人に、そこまで親身になって大丈夫かな……?」と少し心配になるくらいでした。その人ともうひとりがダイエット方法をずっとしゃべっているアドリブシーンがあったのですが、それがちゃんとした理論に基づいていて「そうなんだ、私も試してみよう」と思いました(笑)

 

うれしい歌詞のOPテーマ

――では、ご自身も歌唱に参加しているOPテーマDanger in my 通学路」を最初に聞いた時の感想をお願いします。

 

本渡 最初は正直「別の音楽フォルダを開いてしまったかな?」と思うくらいイメージとかけ離れた楽曲だったのですが(笑)、作品同様、非日常感がすごく出ていたので、どこかしっくりくるところはありました。

  

――実際に歌ってみていかがでした?

 

本渡 私より先にちおちゃん役の大空直美さんと奈菜役の小見川千明さんがレコーディングされていたので、録ったものを聴かせていただいたのですが、とてもノリノリで歌われていて。そこにちゃんとしてどのように入っていけばいいのかとても迷ってしまったのですが、私、ちゃんのことは「ちおちゃんの通学路」では「普通」だと思っているんです。アイドル性があるわけではなく、ただ気さくに振る舞っているだけでクラス人気者になっていると言いますか。

  

――スクールカースト下位(笑)の2人は、シャウトもすごかったですよね。

 

本渡 お2人とも本気で歌われていてすごかったです(笑)! 私としては「もっと裸々に生きたいんです」という部分がちゃんをすごく意識した歌詞になっていて、すごくうれしかったです。

 

 

――本渡さんの通学路の思い出はありますか?

 

本渡 高校時代には今の仕事興味を持っていたので、周りの音が聴こえないくらいが本降りの日は自分の方向に向かってくるを「敵」に見立てて「えい! てい! てい!」みたいなかけで「攻撃」の練習をしていました。今思うと、ちおちゃんみたいな行動をしていましたね……(笑)

  

――ちおちゃんはひたすら洋ゲープレイしていますが、これまでに何かに打ち込んだことはありますか?

 

本渡 私、凝り性なところがありまして……。アニメ作品が終わる際に、お世話になったスタッフさんに色プレゼントすることがあるのですが、とある作品で私が率先してやることになったんです。何を思ったか冊子を作って1ページごとにキャストさんからサインメッセージをもらい、自分のキャラクターに対する主観や感想なども入れつつ、それを3冊作るということをしたんです。

生活に影が出るくらい大変だったのですが、最終的に周りの皆さんにも手伝ってもらい、何とか完成しました。今となってはいい思い出です。

  

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

 

本渡 この記事をご覧の皆さんは「ちおちゃん」を何話までご覧になったのか? ニヤニヤしながら想像しています(笑)。私は、ちおちゃんに対しては「あんなに生き生きとした毎日が送れてうらやましい」という憧れを持っていまして。自分の夢を実現しようと思ってからは周りのを気にしなくなったのですが、それまではちおちゃんのように人を気にして過ごしていた部分があったので、もっとく自分を(いい意味で)さらけ出していれば、たくさんの友達と楽しい通学ライフを送れたんじゃないかと思うことがあります。

ちゃん役としては、とにかく「最後まで観てください」のひと言ですね。そこに至るまでの過程でも、少しずつ種をまいていますので、そこも注していただきつつ(笑)、よろしくお願いします!

 

 

(取材・文/佐伯史)


>> 実は雪ちゃんが一番の●●だった!? 「ちおちゃんの通学路」細川雪役・本渡楓インタビュー の元記事はこちら
実は雪ちゃんが一番の●●だった!? 「ちおちゃんの通学路」細川雪役・本渡楓インタビュー