エビの尻尾に含まれる栄養素・期待できる美容効果

エビの尻尾に含まれる栄養素・期待できる美容効果についてご紹介!

長寿の象徴と言われており、日本では縁起物として馴染み深い食材の一つ、エビ。エビの身には若返りに役立つビタミンEをはじめ、亜鉛・鉄・マグネシウムといったミネラル類が豊富に含まれています。そして、尻尾部分にも様々な美容・健康効果が期待できる「キチン」という注目の成分が含まれているのです。 【エビの尻尾に含まれる「キチン」とは?】 キチンは主にエビの殻・尻尾に含まれる動物性の食物繊維で、便通を促し腸内環境を整える働きがあるほか、コレステロールなどの有害物質を体外へ排出し、お肌や体の免疫力を高める作用があります。 また、エビを茹でると殻〜身まで赤く変化しますがこの正体はアスタキサンチンと呼ばれる抗酸化成分とのこと。アスタキサンチンは老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあるので、積極的に摂取することで疲労回復やアンチエイジング効果が期待できます。

関連画像をもっと見る

意外な美容食材、エビの尻尾の下処理方法

エビの尻尾に含まれる栄養素・期待できる美容効果についてご紹介!

エビの尻尾の中に入っている黒い液体には雑菌が含まれているため、そのまま下処理をせずに食べてしまうと、食中毒を引き起こしてしまう可能性があります。エビの尻尾まで美味しく食べるには正しい手順でしっかり下処理を行うことが大切なポイントです。 <エビの尻尾の下処理方法(殻付きの場合)> 1.エビの背を丸めて持ち、殻と殻の間の身に竹串を刺します。竹串を外に向かって引っ張り、背わたを取り出しましょう。 2.尻尾に付いている針のような部分をハサミで少し切り落とし、中に入っている黒い液体を押し出すように水洗いしましょう。 3.包丁の背を使いながら尻尾の水分をこするように外側に押し出します。(尻尾が半透明状になっていれば黒い液体が抜け出した証拠です。) エビを皮・尻尾付きで調理するなら、ハーブ入りソルトをまぶし、塩焼きにしてパリパリとおせんべいのように食べるのがおすすめです。 いかがでしたか?インナービューティーにご興味がある女性は是非お試しください。 ※参考文献 『健康寿命をとことん延ばす 「食」の決めワザ』(永山久夫氏/2013)

 Profile

■監修/MINTO 栄養士。 原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。 https://www.instagram.com/xxmintoxx/

pixta_38357311_S