2015年に全世界で大ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』の続編、映画ジュラシック・ワールド/炎の王国7月13日)に開を迎えました。火山の大噴火の予兆が観測されるイスラ・ヌブラ。迫り来る危機的状況の中、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、それとも自らの命を懸け救い出すのか、人類が下した選択の行方は……!?

このたび、前作では監督、今作では製作揮・脚本を務めたコリン・トレボロウを直撃。恐竜マニアの彼に、編集部メンバー子どもたちが描いた「ぼく・わたしのかんがえたさいきょうのきょうりゅう」(全5体)を見てもらい、自身の子ども時代も振り返ってもらいました!

Yちゃん(7歳/女の子)の作品『はんぶんメカのきょうりゅう』

うごきがはやい。はんたいがわはふつうのきょうりゅう
はんぶんはメカ。はんぶんはティラノサウルス色。
ひっさつわざ しっぽふる
はがとんでこおうげきしたあとは、はがまたはえてくる。

トレボロウ:ワオ! 半分がメタリックボディなんだね。メカゴジラみたいだ。とてもクリエティブだし、足がのツメみたいになってるのが良いね。恐竜はもともと鳥類から進化したと言われているから、よく研究されていると思う。脚は5本なのかな? 常識にとらわれないのも素晴らしいよ。

Aくん(6歳/男の子)の作品『てとあしがたくさんあるきょうりゅう』

てとあしがたくさんあるよ!
あたまのうえとおしりのところは、こうげきようのしょっかく。
あかいところからどくをだすよ。

トレボロウ:ドラゴンみたいだ。いのがじゃないんだね。はどこにあるんだろう。あぁ、アゴのあたりに緑色の丸があるね。擬態してるのかな。アメイジングだ。サソリみたいに身体をそって攻撃するのかな。想像がかきたてられる絵だと思う。すごくクールだよ。

Hくん(11歳/男の子)の作品『ブルースカイフェニックス』

・りく・、すべて可
上の火のようなとさかがひらいてつばさになる。
しっぽさかなのよういなり、エラこきゅうもOK。
つのからじぶんの電きがながれ(10万ボルト)、相手のうごきをとめる。
足のまるくなっている所からどくをふく。

トレボロウ:エラがあるんだね。尻尾みたいで、足にかきが付いている。映画に出てくるハイブリッド恐竜みたいだ。パークにこんなのがいたら他の恐竜は大変だよ。すごくクリエティブだし、が足りないくらいの描き方で迫がある絵だね。

Yくん(9歳/男の子)の作品『百々目竜(とどめりゅう)』

82このを持っているんだ。
のうち、どれか一つが心ぞうとつながっていて、そのを矢でやっつけることでたおすことができるよ。

トレボロウ:82個もがあるの!? みたいな模様で敵を欺く動物はいるけど、こんなのは初めてみた。ひとつが心臓につながっているという発想が素晴らしいね。弱点はどこなんだろう。本当に分からないから困っちゃうね。

Kちゃん(11歳/女の子)の作品『イエローザウルス』

ほねがすけて見える。高さは375m。
てきが急におそってきたら、とっ進してやっつけるよ。

トレボロウ:どうやって描いたんだろう。色がすごくキレイだ。恐竜の図鑑に載っててもおかしくないね。体長が1000フィート以上もあるの? ワオ、どの恐竜よりもデカいんだね。インレディブルだよ。

トレボロウ:どの絵も素らしかったよ。彼らの将来は明るいね。グラディエーターみたいな闘技場でみんなが戦ったらどれが勝つかな。ワクワクするよ。

――トレボロさんご自身はどんな少年時代を過ごしましたか? 恐竜の絵を描いて遊んだりしたでしょうか。

トレボロウ:絵はあまり描かなかったけど、アクションフィギュアでよく遊んでいたよ。自分が作った物語フィギュアを動かしていた。の中だけじゃなく、例えば家族山を登った時にもフィギュアを持って行った。恐竜から『スター・ウォーズ』のキャラクターから全て一緒くたになって、自分だけの物語を展開していたんだ。

――その頃からストーリーラーだったんですね。

トレボロウ:子どもは皆そうだと思うよ。さっきの子どもたちの絵もそうだけど、大人には思いつかないような想像に溢れている。

――本格的に映像世界したきっかけは何だったのでしょうか。

トレボロウ:子どもの頃から友達ビデオ撮影による映像作りをしていたんだ。当時はコンピューターがなかったから、撮影した映像と録音したを編集する作業も一苦労だった。簡単に撮り直しできるものじゃないから、構図やカメラアングルに気を付けるようにしていたよ。

――例えば『ジュラシック・ワールド』を見た子どもたちがクリエイターに進みたいと思った時に、どんなことを経験しておくべきでしょうか。

トレボロウ:とにかく作ること。アートでも音楽でもモノづくりの経験は大切だと思う。あとはいろんな場所に行くこと。内でも海外でも、いろんな場所があって、いろんな人がいるというのを知るのは重要だね。人によって違った視点があることをくから学ぶことで、きっとモノづくりの幅につながっていくと思うよ。

――なるほど。最後にひとつ。前作では『ジュラシック・パークマニアロウリー(ジェイク・ジョンソン)というキャラクターがいて、今作ではコンピューターオタクフランクリンジャスティススミス)の活躍が嬉しかったです。オーウェン(クリス・プラット)のような璧な男性だけでなく、共感できる身近なキャラクターを毎回用意していただいてありがとうございます(笑)

トレボロウ:物語を作る時には、あらゆる人がそれぞれ共感できるキャラクターを置くことが重要だと思う。フランクリンもそうだし、反体制で反抗的な性格を持つジア(ダニエラ・ピネダ)にしても、観客の立場と同じで恐竜に食べられちゃうんじゃないかという恐怖心を素直に表現している。籍や性別だけじゃなく、人柄や性格の部分で多様性があるのは大切だよね。

――『ジュラシック・ワールド』を観た子どもたちの中から、きっと将来の大物クリエイターが表れると思います。本日はありがとうございました

映画ジュラシック・ワールド/炎の王国公式サイト
http://www.jurassicworld.jp/

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』