ゴーグル

((C)ぱくたそ)

幼いころ、「プールの中で排尿してしまった」経験を持つ人は少なくないようだ。

12日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、この「プールおしっこ」と、泳いだ後にくなる現についての関係性を言及。作家岩井志麻子53)氏や新潮社出版部部長・中瀬ゆかり54)氏らが過去振り返り熱弁をふるった。

■赤目の理由は「塩素」じゃない

番組が紹介したのは官小説家・館一氏のコラム。コラムでは「プールに入ると赤目になる」理由が解説されたNHKチコちゃんに叱られる!』と、「小中高とプールに入れなかった」潔癖症の女性について触れられている。

人間は冷たいに入ると毛細血管が狭まり、排尿をしたくなるという。そうなると大半の人は気づかれないのをいいことに「プールの中でおしっこをしてしまう」のだが、ここに赤目の原因があった。

消毒する塩素尿が結合すると「クロラミン」という性物質が発生。それが膜や膜を傷つけ「くなる」現に繋がるのだという。

潔癖症の女性は「不潔なに顔をつけられない」と頑強に拒み続けたのだが、それは間違っていなかったのだとコラムではられていた。

■岩井、中瀬が振り返る

科学的にプールに入ると赤目になる原因が解説されると、ふかわりょう(43)は「そうだろうなと思いながらも明されると…」と苦笑い。

岩井氏は「行儀悪い、さすがにプールはない」と否定、プールは抵抗があるとしながらも「やっちゃうのは。循環しているところなら、いずれ蒸発したりくなる」と持論を展開する。

中瀬氏は「温泉銭湯は絶対ない。プールは幼いころあったかも」と過去振り返り、「ビタミン多めのモノを口にしていると(尿が)黄色くなってバレるのでリスキー」と苦言を呈した。

■競技者は「当たり前」でも視聴者は…

オリンピック選手などは「プールおしっこ」が当たり前との話もあるが、不特定多数が利用するプールでは「やめて欲しい」のが世間の本音だろう。視聴者もこの話題に敏感に反応している。

■20代女性の半数が「経験あり」

ちなみに、同問題に関してしらべぇでは調査済みだ。

しらべぇ編集部で全2060代の男女1500名を対に調したところ、全体の41.9%が「プールおしっこをしたことがある」と回答。20代女性でも約半数が「プールおしっこ」経験があると判明した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

トイレに行くのは面倒だが生理慢できない、でも、水中なら放尿に気づかれづらいため、多くの人は「プールおしっこ」を経験してしまうのだろう。

それでも、くなるのは「おしっこ」が原因と知れば、もう少し気をつかう人は増えるかもしれない。

・合わせて読みたい→プールの塩素濃度は水道水と変わらない?独特のあのにおいの正体とは…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2014年6月25日2014年6月27日
:全20代60男女計1,500

20代女子の半数が「プールでおしっこ」経験あり! 作家・岩井志麻子は「海でしかしない」