新潟県下越地方の県立高3年の男子生徒(17)が先月末いじめを苦に自殺した可能性がある問題で、12日に記者会見した同校校長は「遺族の意向で答えられない」と繰り返し、いじめの詳細を明らかにしなかった。県内ではここ数年、学校側の対応が後手にまわり、ネット上での「炎上」事案に発展するケースが相次いでいる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

同校で記者会見を開いたものの詳細については「答えられない」と繰り返す校長や県教委幹部ら=新潟県下越地方で2018年7月12日午後5時5分、南茂芽育撮影