1998年に発売された広末子の写真集「NO MAKE」が7月9日よりデジタル配信を開始。未カットも加えたデジタル完全版として20年ぶりに復活、くも話題を集めている。

「この写真集は、10代の広末に500日間密着して素顔を映し出し、96年に同時発売された写真集『H』『R』に続いて大ヒットを記録。広末自身もインタビューに応えて『当時“横浜組”って言っていた私の高校時代の友達と泊まりで館山のに行って撮った写真』や『スイカを手づかみで食べる写真』など思い出深い写真が満載のようです」(スポーツ記者

 当時「週刊ヤングジャンプ」の表を1年で11回飾るなど“アイドル界のカリスマ”と呼ばれた広末の懐かしい映像に、ネットでは〈全盛期伝説写真集がいくらなんでも可すぎる!〉〈平成最後の夏になんてものを! 甘っぱさの宝石や!〉〈あの健康的で透き通ったオーラが、たまらないんですよ~〉と往年のファンが歓喜し、〈昔のヒロスエさん可愛いな〉といった若い人からと思しき驚きの反応もあるようだ。

「広末は今年に入って映画ラブ×ドッグ』『終わった人』に出演。先11日には、つかこうへいの戯曲を原作にしたラジオドラマで、盛りの過ぎた“踊り子”役を熱演。艶っぽいにも挑戦しています。7月にはバラエティ番組『LIFE!~人生げるコント~』(NHK総合)にも出演してコントに挑戦するなど、女優として精的に活動しています」(前出・スポーツ記者

 間もなく38歳。3子が生まれても、色褪せない広末の透き通ったオーラは、いまだ健在のようだ。

窪田史朗)

アサジョ