【元記事をASCII.jpで読む】

 ゲーム専用機はPCに比べて拡張性が低いと思われがちだ。しかし、実はPS4やPS4 Proはあらかじめストレージの換装ができる仕組みが用意されている。公式サイトには換装方法が公開され、換装しても保証が継続されるようになっている。

 内蔵HDDを換装してストレージ容量を増やしたり、アクセス速度を上げたりすることで、より快適なゲームプレイ環境を目指すのもひとつの方法だが、今回オススメしたいのが、ポータブルSSDを使った外付けストレージの活用だ。PS4やPS4 ProのUSB 3.0端子を使えば、超お手軽に内蔵HDDをSSDに換装したときと遜色ないアクセス速度を実現できるのだ。

 Samsungの「Portable SSD T5」は、Samsung V-NANDフラッシュメモリーとUSB 3.1 Gen2インターフェースを備え、最大毎秒540MBの転送速度を実現している。PS4やPS4 Proの外付けストレージだけでなく、PCでの利用でもオススメしたいポータブルSSDだ。今回はこの製品を使ってPS4 Proの外付けストレージ活用を中心に紹介していこう。

持ち運ぶのに最適な重量51gの小型高速SSD

 Portable SSD T5(以下、T5)のサイズは74(W)×57.3(H)×10.5(D)mmと名刺よりも小さく、重さも51gと非常に軽量。HDDと違い可動部品を持たないため、落下しても安心。高さ2メートルから落としても問題ない耐久性で、持ち運びには最適だ。

 容量は250GBと500GB、1TB、2TBの4モデルをラインアップする。本体カラーは250GBと500GBはブルー、1TBと2TBはディープブラックだ。付属するケーブルは「USB Type-C to C」と「USB Type-C to A」の2種類があり、PCやPS4/PS4 Proはもちろん、Androidスマホでも使える。

 実際にPCへ接続して「CrystalDiskMark 6.0.1」による読み書き速度をチェックしてみた。検証したPCのスペックは、CPUがCore i7-8700K、マザーボードはASRock のZ370 Taichi(Intel Z370)、メモリーは16GB(DDR4-2666、8GB×2)、ストレージは970 EVO (250GB SSD)だ。USB 3.0とUSB 3.1 Gen2で比べたところ、USB 3.1のときシーケンシャルリードで公称値(毎秒540MB)以上の毎秒555MBを記録した。

PS4 Proの拡張ストレージとしてT5を使う設定手順

 今回はPS4 Proに接続して内蔵HDDに入っていたデータをT5で運用してみた。PS4でもやり方は同じだが、PS4 Proに比べてUSBポートがひとつ少ないので、ほかの機器の接続との兼ね合いは考える必要があるだろう。

 まずは、SSD T5を付属のUSBケーブルでPS4 Proに接続。設定からストレージをフォーマットする。

 フォーマットし終わったら、本体の内蔵HDDに保存されていたゲームやアプリケーションをT5へ移動する。なお、拡張ストレージとして接続されていれば、PlayStation Storeから購入したものをダウンロードすると、自動的に拡張ストレージに保存されるようになる。

 ゲームやアプリケーションを移動するには、設定から「ストレージ」を選択し、以下のように進めていく。

 拡張ストレージへ移動したゲームは本体の内蔵HDDからは削除される。拡張ストレージの接続を解除しても、PS4のメニュー上にはゲームアイコンが残るが、実行できなくなるので注意が必要だ。

T5恐るべし!R6Sで合計20秒、ファークライ5で合計37秒短縮

 ゲームを移動したところでT5がどの程度速いのか、PS4 Pro内蔵HDDと一般的な外付けHDDを用意して比較してみた。今回検証に使ったゲームは、ユービーアイソフトの「レインボーシックス シージ」(以下、R6S)と「ファークライ5」の2つ。容量はR6Sが46.98GB、ファークライ5が33.03GBだ。

 まずはR6S。ゲーム起動からメインタイトルが表示されるまでを「起動時間」、メインタイトルからメニュー表示までを「メニュー表示時間」、ゲームを選択してプレイ開始できる状態までを「ゲーム開始時間」の3シーンで比較。ゲームはシチュエーションモードの「03 重要ターゲット」。ロード中にムービーが表示されるが、ロードが終わるとスキップできるため、それまでの時間を計測した。

 全体的に内蔵HDDよりもT5はロード時間が短くなった。メニュー表示時間は約3秒と差が少ないが、これはサーバーと接続する時間が全体の8割ほどを占めるため、ストレージからの読み込み時間がもともと短いためだ。

 ゲーム開始時間は約10秒短くなっており、ムービーをスキップできるのはT5のみ。ほかはムービーが終わってもゲームがプレイできないため、この時短はかなり大きい。リトライ時間にも関わるので、T5を使えばより多くプレイできるということだ。

 続いて「ファークライ5」だが、ゲーム起動からメインタイトルが表示されるまでを「起動時間」、メニュー選択画面から「コンティニュー」を選択し、ゲームが開始されるまでを「ゲーム開始時間」として2シーン計測した。

 起動時間は約10秒、ゲーム開始時間はなんと約27秒も短縮された。これは起動してからゲームを開始するまでのトータルの時間が約3分の1で済むことになり、リトライするときの時短も考えると効果絶大。T5を使用しない手はない。

 このように、ゲームによって多少効果の差はあるものの、ロード時間が短縮されるのは間違いなく、「ファークライ5」のように歴然たる差が生まれることもある。T5によるPS4 Proの外付けストレージ活用はかなりオススメだ。

外付けストレージなので持ち運んでゲームができる

 さらに、T5を拡張ストレージにすることでもうひとつ便利なことがある。それは、例えば友人宅であるタイトルを遊ぼうとしたとき、自分は持っているけど友人が持っていないということはよくあること。そんなとき、わざわざ重たい自分のPS4 Proを持っていきたくはない。そこで、拡張ストレージ化したT5を持っていくだけで、友人宅のPS4 Proですぐにプレイできてしまうのだ。

 やり方は簡単で、まず友人宅のPS4 ProにT5を接続して起動。「新規ユーザー」から「ゲストとして遊ぶ」で「スマートフォンからサインインする」を選ぶ。スマホアプリ「PS App」で「ゲストログイン」を選択し、PS4の画面に表示される番号を撮影すると、一時的に自分のアカウントのユーザーが作成できる。

 そうすればT5に入っているゲームやアプリがすぐにプレイできるようになるのだ。ゲストアカウントを利用すれば、PlayStation Storeのライブラリからダウンロードすることも可能だが、そうなるとダウンロードする時間がかかってしまう。T5を持っていけば、無駄な時間を排除して即遊べるのでかなり効率的だ。なお、ログアウトすると作成したアカウントは消えてしまうので、終了するまでログアウトしないよう注意してほしい。

ゲームの持ち運びはPS4だけでなくPCでも有効

 この「ゲームの持ち運び」はPS4だけに限らず、PCでも限定条件で有効だ。「Steam」で購入したゲームは、ゲームごとにインストール先を選択できるようになっている。この機能を利用することで、ゲームを持ち運ぶことが可能になる。

 まず、T5をPCに接続してSteamのインストール先に設定したあと、すでにインストール済みのゲームをT5へ移動。あとはT5を友人宅へ持っていき、友人のPCで「Steam」を実行し、自分のアカウントでログイン。先程と同様に設定からSteamのインストール先として、T5のフォルダーを選択すれば、すぐにプレイできるようになる。ダウンロードする手間も時間もかからないので、より長く友人とゲームを楽めるという寸法だ。

 以上がSteamゲームの持ち運び方法だ。なお、T5はSteamの「プログラムのバックアップと復元」機能で手軽なバックアップ先として利用するのにも向いている。バックアップのときや復元するときはやや時間がかかるものの、不意のPCトラブルの際、再びゲームを何個もダウンロードする手間を大幅に軽減できる。

 外付けSSDでPS4 Proのストレージを拡張することは単なるストレージの高速化というだけでなく、「ゲームの持ち運び」として活用できるため、ゲームの遊び方そのものが広がる。PCのSteamでも有効活用できるだろう。

 ゲームのロード時間が十分短縮でき、持ち運びに便利なサイズと軽さなので、T5はかなり優秀な選択肢だ。最近のゲーム容量は30GB以上のタイトルが多いので、コストパフォーマンス的にもちょうどいい500GBタイプがオススメ。自宅でも友人宅でも快適なゲーミング環境をサクッと手軽に実現しよう。

■関連サイト
Samsung Portbale SSD T5製品ページ

(提供:日本サムスン)

激遅HDDからの解放!ポータブルSSD「T5」をPS4 Proの外付けストレージに使ってみた