【元記事をASCII.jpで読む】

 PCゲーマーは「より高画質に」、「より確実に」、「より快適に」プレイすることを求めている。そのために、性能を求めて自作PCを組み立てたり、レイテンシーが低くリフレッシュレートが高い液晶ディスプレーや専用キーボードにマウス、臨場感のあるヘッドフォンといった周辺機器を揃えていると思う。しかし、意外と最後に回されがちなのが快適性ではないだろうか。

 最近は50GB以上のPCゲームがざらにあり、容量もさることながらプレイを始めるまでのロード時間が長いタイトルも珍しくない。このロード時間はストレージ次第でかなり変わってくる。より快適にゲームを進めるために、ストレージに投資してみてはいかがだろう。

 今ゲーミングストレージとしてオススメしたいのが、NVMeに対応したSSDだ。その多くがM.2で接続でき、対応マザーボードが必要だが、データの読み書き速度は従来のSSDと1桁も違う。そんなNVMe対応M.2 SSDの中で最も注目されているのが、超高速と謳われているSamsungの「970 EVO」だ。

 好評を博した「960 EVO」の後継モデルで、耐久性(TBW)は従来の約1.5倍。シーケンシャルリードは最大で毎秒3500MB、シーケンシャルライトも最大で毎秒2500MBを誇る。ラインアップは250GB、500GB、1TB、2TBの4モデルあるが、コストパフォーマンス的にオススメしたいのが500GBモデル(MZ-V7E500B/IT)。今回はこの製品を使って、実際にPCゲームにおいてどの程度効果があるのが試してみた。

シーケンシャルリードのパフォーマンスはHDDの33倍!

 まずは、ベンチマークソフト「CrystalDiskMark 6.0.1」による読み書き速度のチェック。比較として、一般的なSATA 3.0接続した2.5インチの500GB SSD(860 EVO MZ-76E500B/IT)でも同様に計測している。結果は970 EVOが謳い文句どおりシーケンシャルリードで毎秒3500MBを超え、シーケンシャルライトで毎秒2500MBに迫る値を示した。一方で、2.5インチのSSDはシーケンシャルリード/ライトで毎秒560MB/毎秒530MB前後。4倍から6倍ぐらいの差があった。

 ちなみに、当たり前のことだがSATA 3.0で接続したHDDだとさらに遅い。4TBのHDDをCrystalDiskMark 6.0.1で計測してみたが、シーケンシャルリードで約33倍、シーケンシャルライトでは約39倍の差がついた。HDDは安価に大容量を確保できるストレージだが、速度面ではもはやCドライブで運用するのが厳しい性能であることは否めない。

 PCゲームのインストール先がHDDだと、ロード時間がかなり遅くなるというのが、これらのベンチマーク結果からも想像できるだろう。では、実際にどの程度速くなるのか。ユービーアイソフトのFPSゲーム「レインボーシックス シージ」(以下、R6S)と、PUBG Corporationのバトルロワイヤルサバイバルシューター「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下、PUBG)で検証した。

レインボーシックス シージでHDDから合計44秒も短縮!

 まずは「R6S」。2015年に発売された、トム・クランシー原作を題材とした、対テロ作戦がテーマのタイトルだ。今回は、2018年版をSteamで購入。ゲームの容量は60.9GBだ。計測したのは、メインタイトルが表示されるまでの時間(起動時間)と、メインタイトルからメニューが表示されるまでの時間(メニュー表示時間)、そしてゲームを選択してゲームがプレイできるまでの時間(ゲーム開始時間)の3シーン。

 プレイしたゲームはシチュエーションモードの「03 重要ターゲット」。なお、ロード中にムービーが表示されるが、ロードが終わるとスキップできるようになるため、スキップできるまでの時間を計測している。

 今回検証したマシンのスペックは、CPUがIntel「Core i7-8700K」(6コア/12スレッド、定格3.7GHz、TB時最大4.7GHz)、マザーボードはASRock「Z370 Taichi」(Intel Z370)、メモリーは16GB(DDR4-2666、8GB×2)、グラフィックスボードはASUS「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」(GeForce GTX 1080 Ti)。970 EVOはM.2接続、HDDはSATA 3.0で接続。通信環境はギガビットLAN接続で、回線はNURO光を使用。ゲームの解像度は4Kで、画質は最高設定としている。

 結果はHDDと比べて970 EVOは起動時間が約15秒、メニュー表示時間は約7秒、そしてゲーム開始時間は約22秒と、合計44秒も短縮した。特にゲーム開始時間においては、HDDだとムービーが終了してもまだロードが終わらずストレスがかなり溜まった。970 EVOならすぐにスキップしてプレイ開始できるのは大きなアドバンテージだろう。失敗してリトライする際にも、ロード時間は970 EVOのほうが速いので、プレイスキルを研鑽したい人は無視できない数字のはずだ。

PUBGではロビーからマッチ待ちまでの時間が半減!

 続いて「ドン勝」でお馴染みの「PUBG」。こちらもSteamで購入し、容量は17.4GB。計測したのは、起動してからロビー画面までの時間(起動時間)とロビーからマッチ待ちまでの時間(ゲーム開始時間)。サーバーはヨーロッパを使用し、開始直後のマッチング時間はブレが発生するので省いている。

 起動時間は約2秒の短縮とわずかな差だったが、ゲーム開始時間は約9秒も速くなっている。もともとロード時間は短いほうのゲームなので短縮時間は少ないが、ゲーム開始時間は約半減しているのでかなりの効果と言えるだろう。

60.9GBのゲームファイルコピーでHDDの7倍高速

 単純なデータファイルのコピー時間も計測してみた。R6Sの60.9GBのファイルをフォルダーごとコピー。コピー元は970 EVO(250GB)、コピー先は970 EVO(500GB)と4TB HDD、それぞれへ転送した場合を比較している。

 結果は予想通り、970 EVO同士の組み合わせが圧勝。その差は実に7倍に及ぶ。ほぼ平均毎秒1GB弱の転送スピードを実現しており、異次元の世界だ。ファイルの転送スピードをチェックしてみると、最初は毎秒2GB程度で書き込み、その後毎秒600MB程度に落として最後まで実行していた。

 途中で転送速度がグッと落ちる現象は、「Intelligent TurboWrite」機能によるものだ。Intelligent TurboWriteはフラッシュメモリーの一部を擬似的にSLCとして扱って書き込み時のキャッシュとして利用し、書き込み速度を向上する機能だ。この機能はモデルによって有効になる書き込み容量が異なり、250GBモデルの場合は13GB、500GBモデルの場合は22GB、1TBモデルの場合は42GB、2TBモデルの場合は78GB以下となる。

 今回試した500GBモデルでは、Intelligent TurboWriteが有効なファイルサイズ(22GB)のときのシーケンシャルライトの速度は毎秒2300MB、22GBよりもあふれると毎秒600MBまで落ちる。つまり、今回のファイルサイズはコピーの前半の22GBぶんまではIntelligent TurboWriteが効いて毎秒2GB程度の速度が出ているが、後半の38.9GBぶんは毎秒600MB程度まで速度が落ちるのは当然の結果と言える。

長尾製作所オリジナルヒートシンクが付属する特別モデルが登場

 超高速シリーズにふさわしい性能を我々に見せつけた970 EVOだが、このたびオリジナルヒートシンクが付いてくる特別モデルを現行品と同じ価格で販売するキャンペーン『970 EVOを買って「長尾製作所オリジナルヒートシンク」をゲット!』がスタート。ラインアップも現行品と同様、250GB(MZ-V7E250B/HS)、500GB(MZ-V7E500B/HS)、1TB(MZ-V7E1T0B/HS)、2TB(MZ-V7E2T0B/HS)と4モデルある。現行品と型番が異なるので、購入する際は間違わないよう注意しよう。

 オリジナルヒートシンクは精密金属加工で有名な長尾製作所に制作を依頼したということで、かなり期待が持てる仕様だ。今回は特別にASCII.jpで3つのタイプの試作機を試す機会を得たので、どのタイプが一番効果が高いのかテストしてみた。

 3つのタイプとは、SSD全体を覆う一枚板のAタイプ、セパレート型のBタイプとCタイプの2種。セパレート型を用意したのは、コントローラーとNANDでは温度の上昇度合いが異なり、コントローラーのほうがかなり高温になるため、NANDへ温度が伝わらないようにするためだ。そして、セパレート型でも熱に弱いNAND部と比較的熱に強いコントローラー部&キャッシュメモリー部をそれぞれ覆うBタイプと、コントローラー部を完全に隔離したCタイプがある。

 テストは先程行なったR6Sのファイル転送の時間と温度を計測。モニタリングソフト「CrystalDiskInfo 7.6.0」でS.M.A.R.Tの温度を観察し、サーモグラフィーカメラ「FLIR ONE」を使って表面温度を撮影している。ちなみに、S.M.A.R.Tの温度値はNANDの温度とされている。まずは、ヒートシンクをつけていないときの温度から見ていこう。

 ソフト計測では69℃、サーモグラフィーでは66.7℃を示したNAND部。コントローラー部は82.1℃を記録し、だいぶ高熱なのがわかるが、NANDの危険水域は一般的に80℃なのに対し、コントローラーは100℃以上まで耐える設計なので問題ない。しかし、NANDの温度は低ければ低いほどデータ保持寿命に与える影響が小さくなるので、ここから何度下がるかに注目したい。では、各ヒートシンクの結果をご覧いただこう。

 NAND部が最も冷えたのはヒートシンクCタイプを装着したときだった。ヒートシンクなしの場合と比べて、CrystalDiskInfo 7.6.0上では14℃下がり、FLIR ONEで撮影した限りでは表面温度も14.5℃下がった。ヒートシンクのタイプ別で比べても、Cタイプは理に適った形状であることがわかる。ちなみに、今回バンドルされるモデルはこのCタイプ。納得できる結果だ。

ヒートシンクによる温度低下で転送速度は変わる?

 では、NANDやコントローラーの温度を下げて転送速度はどう変化したか? 結論から言ってしまえば、変化はなかった。

 一般的にNVMe SSDは書き込み処理が多いと温度はグングン上がっていき、ある上限温度に達したところでガクンと極端に速度が落ちる。しかし、今回の検証環境ではヒートシンクなしで運用しても970 EVOが温度上昇が原因で減速することはなかった。減速はあくまでIntelligent TurboWriteの有効サイズからあふれる瞬間に起こっており、温度上昇に起因するものではない。

 NVMe SSDでは大きなファイルコピーになると、最初こそ景気よくトップスピードで作業してくれるが、後半は温度上昇に伴う速度低下と再上昇を繰り返し、のこぎりの歯のようなグラフになることが多い。製品によっては一時的に毎秒100MB以下に落ちるものもある。そのため、温度上昇を抑えるヒートシンクをつけるのが定番になっている。

 しかし、今回試した970 EVOの500GBモデルの場合は22GBまでのファイル程度なら最後まで毎秒2300MBのトップスピードで書き込み終わる。60GB程度のファイルになっても後半は毎秒600MBをキープし、温度が上がりきる前に作業を終えてしまうのだ。

 では、ヒートシンクは必要ないのではないか? というとそんなことはない。データ保持の観点から考えれば、NANDの温度は低ければ低いほどいい。ヒートシンクをつければ温度上昇がかなり抑えられるため、NANDの劣化スピードを抑制し、故障する可能性を大きく低減してくれるだろう。

 というわけで、970 EVOのレビューのまとめに入ろう。PCゲームのロード時間の速さは素晴らしく、HDDユーザーなら全員速攻で乗り換えて良しな1台だ。また、温度と速度のバランスも非常に賢いの一言。M.2スロットが複数あれば、OS用とゲーム用とに分けて970 EVOを2枚導入するのも全然アリ。キャンペーン中にヒートシンク付属モデルを購入しておけば、よりハードな環境でも万全の状態で長く使えるだろう。

■関連サイト
Samsung 970 EVO製品ページ
970 EVOを買って「長尾製作所オリジナルヒートシンク」をゲット! キャンペーンページ

(提供:日本サムスン)

PCゲームを超高速ロード!今すぐ買うべきNVMe対応M.2 SSD「970 EVO」