米国連代表部は12日、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮が今年1~5月に海上で船から船に石油精製品を積み替えて密輸する「瀬取り」を少なくとも89回実施したと報告した。この分だけで、安保理制裁決議で決めた年間輸入量の上限である50万バレルを超えた可能性が高いと指摘している。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら