産経新聞社が発行する季刊誌「終活読本 ソナエ」は、2018年夏号で創刊5周年を迎えます。巻頭インタビューでは葬祭専門学校出身のタレント、壇蜜さんが「終活」について縦横に語ります。特集は「こだわりの家族葬」「いますぐできる認知症対策」など。また5月に急逝した歌手、西城秀樹さんが晩年、再起をかけて取り組んだ壮絶なリハビリをルポする「この人の生き方・逝き方」も。「ソナエ」2018年夏号は7月13日(金)発売。創刊5周年を記念して、保存版「恥をかかない弔問のマナー集」の別冊付録つきです。
  • 特集「こだわりの家族葬」
少子高齢化に伴い、現在の葬儀の8割は家族と親しい親族・友人で執り行う「家族葬」になっています。でも、規模は小さくても、心のこもったお見送りはできるはず。手づくりで故人の生涯を演出する葬儀や、“一点豪華”なアクセントなど、価値あるお別れの実例を紹介します。
  • いますぐできる「認知症」対策
認知症は“予備群”の段階(軽度認知障害)の段階で適切な対応を取ると、約半数が認知症への進行を抑えられ、そのうちの2割は健常の状態に戻れるそうです。半面、放置しておくと4年以内に半数が認知症に進行します。最新の医学的な知見をもとに、認知症を予防し、進行を防ぐ方法をご紹介します。

ほかにも、終活をめぐるさまざまな情報が盛りだくさん。
☆老後破綻を防ぐ「年金と老後資金の教科書」
☆新連載「日本人の祈り」 知床の観音菩薩
☆杉本彩さんインタビュー
☆滝川広志(コロッケ)さんインタビュー
☆草創1300年「西国三十三所 巡礼の旅」

「終活読本ソナエ」は、平成25年に創刊された日本初の終活雑誌です。葬儀・お墓・保険・老後資金・相続…いつか迎える「その時」の憂いをなくし、人生を美しく仕上げるための情報を提供します。年4回発行。2018年春号は840円(税別)。全国の主要書店またはアマゾンでお買い求めください。

配信元企業:株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ