様々な素材や形状のプラスティック容器を作ることのできるストレッチブロー成形機の大手総合メーカー、日精エー・エス・ビー機械株式会社(本社:長野県小諸市、代表取締役社長宮坂純一)は、未来に向けたプラスティックの可性を探すること、新たな価値を提案できる優れたデザイナークリエイター支援することを的に、「Plastic Design & Story Award 2018 ~プラスティック未来を拓くアワード~」を開催し、2018年8月1日)から10月31日)まで、作品を募集します。


 第1回となる今年度は「いれるもの、つつみこむもの。」をテーマに、毎日の生活体験を豊かにすることができる、新で柔軟なプラスティックの“容れもの”について、デザインストーリーを募集します。外部の審員については、デザイナーアートディレクターとして内外で活躍する鈴木啓太氏、平野敬子氏、角田陽太氏の3名を招聘します。本アワードを通じて、内外の若く優れたデザイナークリエイターが活躍できるための支援を行なうとともに、優秀かつ実現性の高いアイディアについては、日精エー・エス・ビー機械株式会社の持つプラスティック成形技術によりカタチにすることをし、プラスティックの新たな可性や付加価値の探を進めていきます。

Plastic Design & Story Award 2018 開催概要

公式Webサイト
https://www.pdsa2018.com

募集内容:
・今までの常識を覆すプラスティック容器の利用シーンストーリー
プラスティック容器の性質及び素材としての特性を踏まえたデザインアイディア
・消費者線の体験価値があり、市場へのインパクトをもたらすことのできる提案

募集期間:
2018年8月1日)~2018年10月31日

応募資格
プロダクトデザイナークリエイターアートディレクター等のクリエティブ職の方
デザイナークリエイター等のクリエティブ職を志す学生

員:
鈴木 啓太プロダクトデザイナー/PRODUCT DESIGN CENTER代表)
角田 陽太(プロダクトデザイナー/YOTA KAKUDA DESIGN代表)
平野 敬子(デザイナー/ビジョナー コミュニケーションデザイン研究所所長)
邦明(日精エー・エス・ビー機械株式会社 取締役

鈴木 啓太
角田 陽太

平野 敬子


基準:
1. 創造性:デザインの先進性、アイディア新性
2. 特徴理解:プラスティック製品の性特性を理解したデザインや使い方を提案できているか
3. 市場インパクト:消費者への訴求力を持ち、市場を変化させるようなインパクト有しているか
4. 社会課題解決:デザインコンセプト日本世界社会課題解決に寄与するか
5. 提案:上記1~4についてのメッセージの的確さ、伝え方の上手さ


・最優秀賞 1点 200万円
・優秀賞 2点 50万円
・入選 20点 10万円

催:
・日精エー・エス・ビー機械株式会社http://www.nisseiasb.co.jp/


株式会社JDN(https://www.japandesign.ne.jp/
イグニションポイント株式会社http://www.ignitionpoint-inc.com/


配信元企業イグニションポイント株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ