●『踊る大捜査線』につながる出会い
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡を様々なテーマからたどる。この連載は、「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志が、平成元年から31年までのドラマを1年ごとに厳選し、オススメ作品をピックアップしていく。第6回は「平成6年(1994年)」(※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください)。

平成6年(1994)は2月にリレハンメル冬季五輪が開催されたほか、4月には現在も続く『めざましテレビ』(フジテレビ系)、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)がスタート。その他にも芸能人料理バラエティの礎となった『チューボーですよ!』(TBS系)、池上彰の名を知らしめた『週刊こどもニュース』(NHK)、セキララグループトークの先駆け『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)など、個性あふれる新番組が誕生した。

8月には、ビートたけしがバイク事故を起こした影響で各局が混乱状態に。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)、『たけし・逸見の平成教育委員会』(フジテレビ系)などが代役を立てて対応した。

10月8日には、プロ野球セ・リーグ中日vs巨人の最終戦が「勝ったほうが優勝」という世紀の一戦になり、中継視聴率は48.8%を記録。個人的には、3月に『お笑いマンガ道場』(日本テレビ系)、12月に『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)が終了した年としての記憶がある。

数多くの名作がある中、TOP3には、「ドラマは時代の写し鏡」を体現するような3作を選んだ。
○「愛を信じない」キャラが大終結

■3位『この世の果て』(フジテレビ系、鈴木保奈美主演)

この年、野島伸司が関わった作品は3本あるが、過激と不幸を盛り合わせたような……最も“らしさ”が凝縮されたこれを選びたい(その他は『人間・失格』『家なき子』)。

家に放火して父を殺したホステス・砂田まりあ(鈴木保奈美)、孤独で魂の抜けた生活を送るピアニスト・高村士郎(三上博史)、母を捨てた父を憎む経済界のプリンス・神矢征司(豊川悦司)、コインロッカーベイビーで顔の半分に火傷跡がある三島純(大浦龍宇一)、中学生時代に恋人の目の前で襲われたホステス・加賀美ルミ(横山めぐみ)。

登場人物には、心に闇を抱える「愛を信じられない」キャラが密集。過去のトラウマによる孤独から、その心は、ささくれ、やさぐれていた。特にヒロインのまりあは、キレやすく、タバコをふかしまくるなど、同じ東京を舞台にした『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の赤名リカとは真逆の悪女に挑む鈴木保奈美の演技が話題に。異父妹で盲目の砂田なな(桜井幸子)が唯一の汚れなきキャラだったため、その対比は鮮烈だった。

野島ドラマは、作品を問わず「今でも忘れられない」過激なシーンがあるものだが、当作は出色の多さ。

士郎が自らの手を傷つけることでピアニスト生命を絶ち、まりあへの愛を証明したシーン。過去の栄光が忘れられず覚せい剤に溺れ、まりあに暴力をふるい流産させたシーン。ルミに恨みを持つ佐々木実(小木茂光)が彼女の顔に硫酸をかけるシーン。ショックを受けるルミに、裏社会とつながるバーマスターの井野仁(松田勝)が、自らの目をつぶして彼女への愛を伝えるシーン。

そして極めつけは、最終回で神矢と結婚式を挙げたまりあが士郎を見つけて、ウェディングドレス姿でヘリコプターから飛び降りるシーン。全編を通して野島が訴えたかったのは、究極の愛情表現であり、「自己を省みない献身的な姿をどう描くか」という姿勢は一貫していた。

主題歌は、尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」。1983年のデビューアルバム収録曲であり、亡くなってから約2年後のシングルカットだが、「当作のために書き下ろしたとしか思えない」と言われるほど世界観にハマっていた。
○バカポジティブな痛快サクセスストーリー

■2位『お金がない!』(フジテレビ系、織田裕二主演)

両親を亡くし、小学生の弟2人を養わなければいけない極貧の萩原健太郎(織田裕二)が、一流企業で働くチャンスをつかむサクセスストーリー。「務めていた工場が倒産し、家を追い出され、借金取りに追われる」など、誰がどう見ても絶望的な状況の中、バカポジティブな発想で人生を切り拓く主人公を織田が好演した。

その後、健太郎は外資系保険会社ユニバーサル・インシュアランスのビル管理会社に入社。仕事に励みながら「ユニバーサル・インシュアランスへの転職」という無謀な計画を実行する。失敗を重ねながらも、ギリギリの強運でピンチを脱する健太郎は、社長・氷室浩介(石橋凌)に目をかけられ、ついに入社。氷室社長の側近として出世を果たすと、1円を見つけて大喜びし、兄弟3人で一匹の魚を食べていた姿から一変する。

まるで氷室社長をコピーしたかのごとく、クールで狡猾なエリートビジネスマンに生まれ変わったのだ。ただ、もちろん物語はこれで終わらない。健太郎は氷室に贈賄の罪をなすりつけられ、逮捕されてしまう。氷室のはからいで釈放されたが、納得がいかない健太郎は、悪事を暴いた上で退職。独立起業し、ボロボロの事務所と自転車で営業をはじめる……というドラマタイトル通りの結末だった。

織田は、前年の『振り返れば奴がいる』で演じた悪徳外科医・司馬江太郎から激変。個人的には、織田裕二が『世界陸上』で見せるような、突き抜けた姿を最も引き出した役柄ではないか、という印象を持っている。

しかし、織田の収穫はハマリ役だけに留まらない。当作で本広克行監督と出会い、絆を深めた織田は、『踊る大捜査線』のチーフ演出に推薦し、のちの大ヒットにつなげたのだ。

周囲のキャラでは、健太郎の幼なじみで、弟たちの世話を手伝う神田美智子(財前直見)。ユニバーサル・インシュアランスのエリート社員だが、健太郎のペースに巻き込まれ、生き方が変わっていく大沢一郎(東幹久)。ユニバーサル・インシュアランスの営業部長で、冷酷なキャリアウーマン・柏木麗子(高樹沙耶)。健太郎を執拗に追い回しながら、最後は人情を見せる借金取りの上野格次(今井雅之)と田端大助(高杉亘)ら、一人一人のキャラでスピンオフが可能なほど個性を放っていた。

2005年の草なぎ剛主演『恋におちたら~僕の成功の秘密~』(フジテレビ系)も、親の死・貧乏・ビル警備員・サクセスストーリーなどの共通点がある。しかし、状況の苦しさを感じさせない織田の演技と脚本・演出は、「閉塞感が漂い、人々が癒しを求める2010年代にこそウケるのではないか」という感が強い。

主題歌は織田裕二の「OVER THE TROUBLE」。歌詞の内容はドラマ同様に苦境だが、それを明るく乗り切るようなメロディが物語にフィットしていた。

●1位は新たなヒロイン像を描いた作品
○ヒロインの描き方に一石を投じた新バイブル

■1位『29歳のクリスマス』(フジテレビ系、山口智子主演)

この年の放送に留まらず、毎年11~12月になると全国のフジテレビ系列各局で再放送されていた「平成時代のクリスマスバイブル」。改めて見直してみたが、まったく色あせないのは、「恋愛至上主義で、結婚がすべてのゴールだった」、これまでのクリスマス系ラブストーリーとは一線を画す人間ドラマだからか。

当作は、矢吹典子(山口智子)、今井彩(松下由樹)、新谷賢(柳葉敏郎)の恋愛・友情・仕事を視聴者に寄り添うような目線から、リアリティたっぷりに描かれていた。恋も仕事もうまくいかないけど、深刻になり切らず、適度にポジティブな3人。日々の厳しさに悩まされながらも流されず、自分らしさを忘れない3人。

同世代の視聴者たちに、「自分たちもこんな日々を送っている」、あるいは「私たちもそうでありたい」と感じさせることで支持を集めていった。なかでも効果的な演出だったのは、アラサーたちの心に突き刺さる名言の数々。

「大声で 叫びたいときがある でも、何を叫びたいのか分からない」「年だけ、大人 心は、まだ、ガキ」「シャクだけど 心が揺れる 結婚の二文字」「わたしは 人生に 不満です」「いっぱい 親不孝をして 子供は 大人になっていく」

「一度のキスで 夢中になれたころが あったのに…」「逃がした魚は 大きい! だろうか?」「ついさっき 振り切ったはずの 恋だったのに」「いつまでも つづく 幸福を下さい」「強く やさしく 素直になりたい」「幸福は ひとから もらうものではない」

ドラマの流れをいったん切ってまで、画面いっぱいに文字表示された名言を見るたびに、視聴者は3人に感情移入していった。しかも当時は、現在とは比較にならないほど、公私ともに男尊女卑社会。恋人とその家族、上司や同僚などから浴びせられるパワハラ、セクハラ、エイハラ(エイジハラスメント)に立ち向かう3人を応援せずにはいられないムードがあった。

理想と現実、プライドと妬み、こだわりと妥協、その間で揺れ動く3人を象徴していたのが最終回。一夜の関係から賢の子を妊娠した彩は、別の女性と結婚して仙台へ行く彼のことを思い、事実を告げずに笑顔で見送った。そして、典子は彩と子どもを支え、今の仕事に打ち込むことを決意して、物語は幕を閉じる。

最後に、女性の持つ愛の大きさや、母性の強さを見せつけて終了。社会の第一線で働く女性や、シングルマザーとしてたくましく生きる女性を印象づけたことが、同年代の視聴者だけでなく、その後の作品に大きな影響を与えた。「ヒロインの描き方に一石を投じ、その波紋が現在までつながっている」という意味で、分水嶺となった作品ではないか。

ちなみに、2005年放送の『曲がり角の彼女』(フジテレビ系)は、アラサーの恋愛と仕事を描き、名言をテロップ表示するなど、当作の妹的な作品。『29歳のクリスマス』で典子の敵役・深沢真穂を演じた稲森いずみが主演を演じて、視聴者に歳月の流れを感じさせた。

主題歌はマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」。スタイリッシュなタイトルバックも含め、平成6年のドラマ主題歌として最も輝いていたと言っていいだろう。
○『家なき子』『人間・失格』『妹よ』『古畑任三郎』

あらためて振り返ると、平成6年は個性的な主人公を描いた連ドラが多かった。主な作品は以下だが、それ以外でも稲垣吾郎主演『東京大学物語』(テレビ朝日系)、高橋由美子主演『南くんの恋人』(テレビ朝日系)、萩原聖人主演『若者のすべて』(フジテレビ系)、矢沢永吉主演『アリよさらば』などがある。

「小学生のヒロイン=正義vs大人=悪」の図式で、徹底的な不幸と闘いの日々描いた『家なき子』(日本テレビ系、安達祐実主演、主題歌は中島みゆき「空と君のあいだに」)。「同情するなら金をくれ」が流行語になったほか、安達祐実の“生涯イメージ”を決定づけた。ヒロインを何度となく助けた愛犬・リュウの名演技も忘れられない。

小学校受験にのめり込む3家族のホームコメディ『スウィート・ホーム』(TBS系、山口智子主演、主題歌は小泉今日子「My Sweet Home」)。玉ねぎ頭の幼児教室教師・小沢頼子(野際陽子)のほか、なぜか競歩をする吉永英世(段田安則)、全身エルメスで着飾った桜井かがり(高樹沙耶)など笑いどころが目白押し。最終回の「合格発表」では家族愛が爆発。

名門私立中学校でのイジメや体罰、息子を自殺に追い込まれた父親の復讐劇を描いた『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系、赤井英和主演、主題歌はサイモン&ガーファンクル「冬の散歩道」)。現在では放送不可能な過激描写が続き、野島伸司脚本の中ではファンの少ない作品だが、当時ほぼ無名の堂本剛と堂本光一の透明感は圧倒的だった。

地味なOL・松井ゆき子(和久井映見)が、大企業御曹司・高木雅史(唐沢寿明)と恋に落ちるシンデレラストーリー『妹よ』(フジテレビ系、和久井映見主演、主題歌はCHAGE&ASKA「めぐり逢い」)。雅史の妹・瞳(鶴田真由)をめぐる「どこまでもダサい」ゆき子の兄・菊雄(岸谷五朗)と、「限りなくチャラい」ミュージシャンもどき大野ケンジ(渡辺克己)の三角関係も見物に。

三谷幸喜が手がける倒叙サスペンスの決定版『警部補・古畑任三郎』(フジテレビ系、田村正和主演、主題歌はインストゥルメンタル)の第1弾はこの年だった。見どころは、犯人探しではなく、ジワジワと犯人を追い込む古畑の推理&トーク術。モノマネがひとり歩きした感のある田村の演技に加え、週替わりの大物ゲストも見どころの1つとなっていた。

結婚直前に婚約者が余命宣告され、同時に妊娠が発覚したヒロイン・佐藤千秋(坂井真紀)をめぐる愛憎劇『私の運命』(TBS系、坂井真紀主演、主題歌は松任谷由実「砂の惑星」「命の花」)。東幹久が婚約者と復讐心を隠し持つ男の2役を演じるほか、グチャグチャの人物相関図は、いかにも大石静脚本らしかった。

兄の遺志を継ぎ、日本一の酒造りに挑むヒロインの姿を描いた『夏子の酒』(フジテレビ系、和久井映見主演、主題歌は熊谷幸子「風と雲と私」)。健康的な美しさを放つひたむきなヒロイン、農業全般に関わる問題提起、酒蔵での長期ロケなど、文句なしの力作。ドラマの感動を追い風に、日本酒ブームを巻き起こした。和久井と萩原聖人は、当作での共演をきっかけに結婚。

■著者プロフィール木村隆志コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。
(木村隆志)

画像提供:マイナビニュース