大人になればなるほど、懐かしく思えるのが、夏祭り。わたあめやチョコバナナ等、出店の数々に心惹かれた夏の思い出。仕事帰りに新宿駅前を通ったらふとそんな思い出がよみがえっちゃう……って、本当にそんな場所があった! 今回は全天候型のビアホール「サナギの夏祭り」(東京都新宿区)で、童心にかえってきた。

○屋台風のエキゾチックな空間が魅力

この「サナギの夏祭り」と題したビアホールがあるのは、カフェ&フードホール・イベントスペース「サナギ 新宿」。新宿駅南口を出てすぐの国道20号線高架下のスペースだ。駅の階段を降りたらすぐに見つけられるはず。「サナギの夏祭り」は、アジア・日本の屋台村の雰囲気を持った食べ放題・飲み放題のイベントとして展開しており、7月5日から期間限定で開催されている。

○お祭りムード満点の料理が食べ放題

まずは、入り口でチケットを購入して入店。時間帯などによりいくつかのプランがあるのだが、全プラン共通で食べ放題飲み放題。プラスして、メインディッシュの「ガイヤーンチキン」が、1人につき1本ついてくるのだが、これがじつに美味しい!

スパイスを効かせてじっくりと焼き上げたチキンは、ボリューム満点。ガブっと噛んだらジュワ~っと肉汁がたっぷりと染み出てくる。そんな食欲をそそるチキンを、自らサーバーで注いだビールで流し込めば、日頃の疲れは吹っ飛んでしまいそう。飲み物を自分で注げるのと同様に、料理は屋台式のお店からバイキングで取ってくるスタイル。

アジアの代表的な串料理「サテ」(豚、砂肝、イカゲソ)は、日本の焼き鳥とは一味違うスパイスが効いたエスニックスタイル。カリッとした皮とトロっとした中身が美味しい「ドラゴンシーフードロール」(~ベトナム風揚げ春巻き~)やじんわり辛い「グリーンカレー焼きそば」、「エスニック風たこ焼」等、夏ならではのエスニック料理が勢ぞろい。

しかし、「日本の夏」も負けてはいない。串にささった「冷やしきゅうり」や「冷やしトマト」、「ちらし寿司」から、なんと「おでん」もあり。夏だけど、たまごや大根、ちくわを食べながら飲むビールはまた格別だ。

○シメのデザートも縁日ムードたっぷり

そして、シメには「チョコバナナ」や「いちごあめ」等のデザートもある。さらに、飲食スペースの隣には、わたあめや輪投げ、スーパーボールすくいといった、縁日気分がますます高まる催し物も設けられている。

また、オプションで税込300円をプラスすると、「かき氷食べ放題」と「今日のおまかせ〆ラーメン」も食べることができるから、めいっぱい夏祭り、夏休み気分を楽しめるのだ。

SNS映えする料理や楽しみが多いこともあって、お客さんは比較的若い女性が多い様子。ここは思い切って社内の女性陣を誘って、いつもとは一味違ったビアパーティーにしてみては? 期間限定なのでお見逃しなく!

■Information
「サナギ 新宿」
東京都新宿区新宿三丁目35-6 国道20号線高架下
営業時間:11時~23時30分
03-5357-7074
プラン内容
■アーリープラン 男性3,400円/女性3,000円
・17時~17時30分の入店に限定。
■スタンダードプラン 男性3,900円/女性3,500円
■レイトプラン 男性3,200円/女性2,900円
・22時以降の入店に限定。
■ショートプラン 男性3,200円/女性2,900円
・18~22時の入店に限定。(1時間30分の利用が可能)
※お子様1,500円(小学生未満は無料)
(岡本貴之)

画像提供:マイナビニュース