「食事は欠かさないが、3分の1程度、口にして後は残す。辛い食べ物は好まず、キムチも洗って食べている」(ソウル新聞7月6日

 これは、先日報じられた、朴槿恵大統領(66歳)の拘置所での姿だ。

 来る20日、大統領の控訴審が最終弁論を迎え、ければ8月には、友人、崔順実氏とともに判決が言い渡される見通しとなった。

 昨年10月に裁判をボイコットしてからというもの、法廷には一切姿を現わさず、時折、痛のために大学病院を訪れてはいても、そんなニュース面の片隅に。まるで始めから存在しなかったかのように存在感が薄くなっていた大統領だが、その拘置所暮らしの一端が、ソウル新聞で報道された。

毎日なにやら書き続けている朴槿恵

 記事によると、毎日、1時間ほどの徒歩運動体操をしているそうで、拘置所に収監された当初は、「『ファイター』などの漫画や、徳川家康を題材にした日本の大河小説『野望』、韓国小説『土地』などを読んでいた」が、「最近では、健康ものの実用本なども読んでいる」という。ちなみに『ファイター』は極真空手の創始者の大山倍達モデルにした、100万部を突破した韓国ベストセラ漫画で、『土地』は韓国最高傑作といわれる大河小説だ。

 テレビはあまり見ることがなく、1日に10~20通ほど受け取る手紙から外の情報を得ているようだといい、ともかく、毎日、何かを書き続けているそうだ。

 実のの面会は頑なに拒否しているが、かつての弁護団のメンバーとだけは何回か面会しているとも報じられた。

 韓国を揺るがした崔順実事件により、韓国史上初めて弾劾・罷免された大統領逮捕されたのは2017年3月31日のことだった。その約2週間後の4月17日には、企業からの収賄罪などの罪で起訴され、ソウル拘置所に収監された。

拘置所での待遇を際世論に訴えるものの……

 ソウル拘置所での生活ぶりが明るみに出て、VIP扱いと揶揄されたのは昨年10月。きっかけは身柄釈放を巡る攻防だった。

 韓国では刑事訴訟法で被告の身体的自由を侵しないという理由から勾留期限が設けられており、最長6ヵとなった昨年10月には、大統領の身柄は釈放されるものと見られていた。ところが、異例の延長に。中道系の全記者はその背景をこう解説する。

「法に則れば身柄は釈放されるべきでした。それが留め置かれたのは、裁判所がたぶんに現政権の顔色をったからだといわれています」

 大統領側はこれに対し、際世論に訴える手法で反撃した。在の支持者らが「(大統領は)汚く冷たい部屋で、電気がついたままで寝られない」、「適切な寝台で寝られず慢性疾患を患っているのに、適切な治療が受けられない」など拘置所で深刻な人権に遭っていると訴え、死刑宣告されたリビア独裁者カダフィの次男を弁護し釈放に持ち込んだ辣腕際法務チームMHグループ国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)へ実態報告書を出すよう依頼したのだ。

 このニュースが駆け巡ると、ソウル拘置所は、「トイレや洗面台を含む10メートルほどの通常なら6~7人が使う部屋を使用していて」、「治療も定期的に行われ、オンドル(床暖房)も使っている」と反駁し、奇しく大統領ソウル拘置所での優待ぶりが露わとなった。

 結果、そんな人権話もいつの間にか消となったが、大統領はその後、拘置所へベッドを入れるよう要したそうで、しかし、それも却下された。それからは、「1年4カの拘置所での暮しを通じて、(慣れる)方法をそれなりに取得したようで、最近は諦観しているようだ」(ソウル新聞)という。

「食事が喉を通らない」とする李明博

 そんな大統領と対照的なのが、横領・背任などで起訴され、3月23日に東部拘置所に収監された李明博大統領だ。ソウル新聞によると、ここの12階の最上階の独房に収監され、本は山積みにされているが読書している姿は撃されたことがないそうだ。

 裁判所では、「裁判が一回あるごとに、三日間は食事が喉を通らない。まずは生きることが優先ではないか」と健康悪化を訴え、週3回行われている裁判を2回にしてほしいと懇願したという報道が流れたが、拘置所では、収監者が1食抜くと「不食」の報告がすぐに上がる仕組みになっており、3日も食事を抜けば大騒ぎになるはずだという。

サイクリングに面会に……充実した拘置所生活

 大統領の1日は、「とても忙しく」、「には弁護士と、午後には夫人と子女などの家族との面会があり、時々、特別面会もある」そうで、多くのかつての側近らも拘置所に面会のために出入りしており、「運動は、サイクリング器具が拘置所内に導入されると他の収監者が使わない時に利用している姿が撃されている」。

 このサイクリング器具は、同じ拘置所に収監されている崔順実氏も時々、利用しているそうだ。

 大統領が弾劾、罷免された時、もしかしたら自らの命を絶つのではないかとも思った。母親テロ弾で失い、父親を側近に殺されたという苛酷な生い立ちと、19年に及ぶ隠遁生活を送った過去から、絶望が耐えきれないほどに達するのではないかと考えたのだが、当時、韓国記者たちからは一蹴された。

「なんの罪もないと思っているのにそんな選択をするはずがない。弾劾され罷免されたのはハメられたからだと思っているから、汚名を返上するまでは絶対にあきらめないだろう」

 6月23日93歳で鬼籍に入った鍾泌・韓国首相の夫人(故人)は大統領とは従姉妹の間柄で、首相は以前、雑誌のインタビュー大統領をこう表した。

天上天下独尊」

 大統領は他の収監者と交わることは決してないそうだが、崔順実氏は最近、拘置所にいる他の収監者と仲良く交わっているという。

菅野 朋子

2017年8月、裁判所へと連れられる朴槿恵大統領 ©getty