株式会社メディルノート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木 一 以下メディルノート)は、2020年東京オリンピックパラリンピック(以下東京オリンピック2020)開催中の救急災害医療体制に係る学術連合体 合同委員会(委員長東京大学大学院医学系研究科 救急科学 教授 村 尚登医師 以下学術連合体)と連携し、東京オリンピック2020に向けた救急災害医療における啓発活動のサポート実施を開始いたしました。


東京オリンピック2020に向けた救急災害医療対策
際的な大規模イベントの1つであるオリンピックは、内外から多くの来場者が訪れることが予想され、救急医療システム運用への大きな負荷や季開催による熱中症患者の増加といった点が懸念されております。また近年の際状況を鑑み、テロによる同時多数傷病者の発生を想定した救急医療マニュアルの設定や対策の準備も必要となっており、現在東京オリンピック2020開催中の救急災害医療体制に係る学術連合体が結成され、参加する20の医療団体と連携しながら、諸課題への取り組みを行っております。

このような背景のもと、総勢1,400名もの著名な医師及や専門が参加・支援するヘルスケアプラットフォーム「メディルノート」を運営する当社では、このたび学術連合体と連携し、最新の症例や治療例、経験に基づいた信頼できる情報提供してきた知見を活かして、取り組みに関する啓発活動のサポートを実施してまいります。

今後も「メディルノート」では信頼できる医療情報提供に努め、医師病院、患者をインターネットによってつなげることで、双方にとってより良い医療の実現をしてまいります。
2020年東京オリンピックパラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体
http://2020ac.com/

メディルノート」について https://medicalnote.jp/
メディルノート」は、患者にとって最良の医療に出会うためのサービス提供するヘルスケアプラットフォームです。医療の最前線で活躍する医師や専門が保有する最新の症例や治療例、経験に基づいた信頼できる情報を、一人でも多くの方々に伝えることをし、病気や症状等をわかりやすく伝える医療情報と、オンライン上で医師に相談できるサービス提供しております。

現在、「メディルノート」には総勢1,400名もの著名な医師及び専門並びに700にのぼる医療機関が参加・支援しており、10万人のユーザーに対して専門的な医療相談サービス提供しています。

医療アドバイザー:
五十嵐 医師国立成育医療研究センター 理事長、日本小児科学会前会長
糸山 泰人医師際医療福祉大学前副学長)
垣添 忠生医師益財団法人日本対がん協会会長国立がんセンター名誉総長)
平田 医師JR札幌病院 顧問)白石医師(隠岐病院 院長)
白石医師(隠岐病院 院長)

配信元企業株式会社メディルノー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ