米ウォルト・ディズニーが、大ヒット映画「マレフィセント」の続編「マレフィセント2(原題)」を2020年5月29日に全米公開することを発表した。

2014年に公開されたロバート・ストロンバーグ監督「マレフィセント」は、ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」を邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)の視点から描いたダークファンタジー。アニメでは語られることがなかったマレフィセントとオーロラ姫(エル・ファニング)をめぐる隠された物語に迫る実写3D映画で、全世界興収7億5800万ドルを記録した。

続編は、ジョリー、ファニング、サム・ライリー、ジュノー・テンプル、イメルダ・スタウントン、レスリー・マンビルがカムバックしているほか、新たにミシェル・ファイファー、キウェテル・イジョフォー、エド・スクレイン、ハリス・ディキンソンが出演。「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の共同監督ヨアヒム・ローニングがメガホンをとっている。

続編では新たにミシェル・ファイファーが出演