人気SUVスバルフォレスターが、2018年7月に発売されました。

詳細画像はこちら

2.5L直噴NA・水平対向DOHCとともに、パワートレイン玉として設定されているハイブリッドシステム「e-BOXER」に注してみました。多種多様のハイブリッドシステムの中で、スバルの「e-BOXER」は、どのようなシステムで、どんな特徴があるのでしょうか。

トヨタプリウス以降、さまざまなハイブリッドシステムが提案され、実用化されてきました。特徴ある、それでいて似通った多くのシステムがありますが、基本的には次の3つのグループに分けられます。

1)パラレル方式
エンジンとモーターを駆動として使い分けるが、エンジン役で、モーターは補助的な役割。シンプルな構成で、較的低コストなため、マイルドハイブリッドとして使う場合が多い。(代表例:ホンダ「IMA」、スズキ「S-エネチャージ」など)

2)シリーズ方式
エンジンはモーターの発電専用として使い、全域モーターで走行。エンジンの出を常時電気エネルギーに変換するため、その分ロスが発生する。(代表例:日産「e-Power」など)

3)シリーズ・パラレル方式
パラレルとシリーズのいいとこどりのシステムエンジンの出を発電用と駆動用に使い分け、エンジンとモーターの駆動を合成して走行。効率は高いが、システムが複雑でコストも高くなる。(代表例:プリウス「THS」、新アコード「i-MMD」など)

どのシステムが優れているかではなく、クルマ格やコンセプトによって、棲み分けられています。当面は、この3方式とも存続するでしょう。

フォレスターが搭載する「e-BOXER」では、CVTリニアトロニック」の前にトルコン付きエンジンと、モーター/発電機を並列に配置します。モーターは、縦置きCVTケース内にコンパクトに収めています。XVで採用したシステムとほぼ同じで、モーターがエンジンの出アシストするパラレル方式です。

詳細画像はこちら

エンジントルコンの間と、CVTの出軸に設置した2つのクラッチを、運転状況に応じて断続制御し、動を切り替えます。モーターによる出アシストだけでなく、EV走行と停時発電を可にしています。

構成は、最高出78.7kWの2.0L水平対向直噴エンジンと、出10kW(100V電)のモーター/発電機を組み合わせています。低電圧の小モーター/発電機なので、EV走行といっても発進と低速走行に限られ、減速時に十分なエネルギー回収もできません。原理的に、大きなモーター/発電機を搭載するフルハイブリッドのような燃費向上は期待できません。

最大の特徴は、燃費よりも走行性や走破性を重視した「走り志向のハイブリッド」である点です。動の切り替え制御が容易な「e-BOXER」は、スバル独自の「シンメトリカルAWD」とも、相性のよいシステムです。

詳細画像はこちら

通常の「燃費志向のハイブリッド」では、エンジンは常時効率の良い燃費最良点で運転し、不足するトルクをモーターでアシストします。

一方、「走り重視のハイブリッド」では、要トルクに対してエンジントルクが不足する分を、モータートルクアシストします。エンジンは、低回転域のトルクが出にくい特性がありますので、これがカバーできると、排気量を大きくしたような効果があります。

詳細画像はこちら

さらに、モーターは時にトルクを発生するので、加速直後にアシストすることによって、加速レスポンスが向上する効果もあります。最近、欧州メーカーの一部モデルで採用されている電動ターボ(モーターでターボのコンプレッサを回す過給システム)を搭載したエンジンのようなフィーリングになります。言い換えると、電動ターボを使わなくても、同様の効果が発揮できるということです。

フォレスター「e-BOXER」ハイブリッドの燃費は、ハイブリッドなのに期待はずれだと思ってはいけません。そもそもハイブリッドコンセプトや考え方が、他社とは違うのです。

詳細画像はこちら

シンプルで信頼性が高く、制御しやすい「e-BOXER」は、「シンメトリカルAWD」との相性が良く、走行性や走破性を重視したスバル流の「走り志向のハイブリッド」なのです。

新型フォレスターの「e-BOXER」って何がすごいの? ディーラーに出かける前に知っておこう(http://clicccar.com/2018/07/13/602961/)