【元記事をASCII.jpで読む】

 日本HPは7月12日、メインストリーム向けゲーミングPC「HP Pavilion Gaming」シリーズやハイエンド向け「OMEN by HP」の新ラインアップ、そのほかディスプレーや、ゲーマー向けアクセサリーを発表した。

シンプルなデザインのゲーミングブランド「HP Pavilion Gaming」

 HP Pavilion Gamingは、ゲームをより身近に楽しみたいメインストリーム層向けのゲーミングPCシリーズ。イラスト作成、写真や動画の編集などのコンテンツ制作にも最適とのこと。

 HP Pavilion Gamingシリーズのラインアップは、ノートPCが1モデル、デスクトップPCが2モデル、ディスプレーが1モデル。ノートPCとデスクトップPCのシャーシは、共につや消しの黒「シャドウブラック」。

 「HP Pavilion Gaming 15」は15インチのノートPC。底面に配置した2つのファンと後方にある2つの排気口で、空気の流れを制御し熱を抑えている。ディスプレーは非光沢のIPS方式で、解像度は1920×1080ドット。サイズは幅365×奥行き257×高さ26~29mm、重量は約2.34kg。スペック違いで4機種をラインアップする。

 スタンダードモデルの構成はCore i5-8300Hプロセッサー、8GBメモリー、1TB HDD、16GBインテル Optane メモリー、GeForce GTX 1050で、OSはWindows 10 Home 64bit。価格は11万8584円。ハイエンドのクリエイターモデルはCore i7-8750Hプロセッサー、16GBメモリー、256GB SSD(M.2)、1TB HDD、GeForce GTX 1050 Tiで、OSはWindows 10 Home 64bit(Windows 10 Pro 64bitモデルも用意している)。

 「HP Pavilion Gaming 690」はゲームプレイヤーとクリエイターが求める多様なニーズに応えるため、最大8コア/16スレッドの第2世代AMD Ryzenプロセッサーを採用。グラフィックスには8GB GDDR5メモリーのAMD Radeon RX 580を搭載している。

 サイズは幅170×奥行き277×高さ338mmで、重量は約5.1kg。モデレートモデルとアドバンスモデルの2モデルを用意している。モデレートモデルのスペックはRyzen5 2600プロセッサー、16GBメモリー、256GB SSD(M.2)、2TB HDD、Radeon RX580で、OSはWindows 10 Pro 64bit。

 「HP Pavilion Gaming Desktop 790」はCore i7-8700を搭載。メモリーは最大64GBまで拡張可能で、大容量メモリーを必要とするアプリケーションを安心して利用できるとしている。

 同社の調べでPC本体を床に置いて使用している人が多いことが判明したとのことで、今まで使いづらかった背面のインターフェースを使わなくてもいいように、インターフェースを前面に集約したという。

 サイズは幅155×奥行き390×高さ369mmで、重量は約7.9kg。パフォーマンスモデルとパフォーマンスプラスモデルの2モデルを用意している。パフォーマンスモデルのスペックはCore i7-8700プロセッサー、16GBメモリー、512GB SSD、2TB HDD、GeForce GTX 1060で、OSはWindows 10 Pro 64bit。

 「HP Pavilion Gaming 32 HDR ディスプレイ」は32インチで、HDR技術による自然な画像表現力でゲームやエンターテインメントに最適なビジュアルを提供するという。

 Radeon FreeSyncによるリフレッシュレートとフレームレートを同期させる技術で、スタッタリング(画面のカクつき)やティアリング(表示上のズレ)を軽減するとしている。

 リフレッシュレートは最大75Hz。サイズは幅739.9×奥行き178.9×高さ522.3mm(スタンド含む)で、重量は約9.9kg(スタンド含む)。映像入力はHDMIが2基とDisplayPortが1基。

ニッチなゲーマー向けノート「OMEN by HP」

 「OMEN by HP 15」はNVIDIA GeForce GTX 1070 with MAX-Q Designグラフィックス搭載モデルもラインアップする15インチのノートPC。第8世代インテルCore i7-Hシリーズプロセッサーと最大32GBまで拡張可能なメモリーによって、最新ゲームタイトルをプレイしながら負荷の高いプログラムを同時かつ快適に実行できるとしている。

 144Hzのリフレッシュレートのディスプレーを採用し、ゲーミングPCならではの滑らかな描写を可能にしたとのこと。また、「NVIDIA G-SYNC」によるリフレッシュレートとフレームレートを同期させる技術でスタッタリングやティアリングを抑え、より高い没入感を得られるという。

 底面に配置した2つのファンおよび大型化された後方2つの排気口で空気の流れを制御し、熱を抑えている。3段階で回転する大型ファンのベアリング部分には、流体動圧軸受を採用することで摩擦係数を低くし、パフォーマンスの向上と静寂性との両立しているとのこと。

 サイズは幅360×奥行き263×高さ25.5~30mmで、重量は約2.48kg。パフォーマンスモデルとハイパフォーマンスモデルの2モデルを用意している。ハイパフォーマンスモデルのスペックはCore i7-8750Hプロセッサー、16GBメモリー、256GB SSD(M.2)、2TB HDD、GeForce GTX 1070 with MAX-Q Designで、OSはWindows 10 Pro 64bit。

 また、OMEN by HP 15にはユーティリティーソフトウェア「OMEN コマンドセンター」がプリインストールされた状態で出荷される。OMEN コマンドセンターでは後述の同社製ゲーミングアクセサリーの細かな設定を一括で調整できる。

 OMEN コマンドセンターの新機能「OMEN Game Stream」も利用可能で、OMENをホストコンピューターとして設定した後に、クライアントとなる別のWindows 10搭載PCからネットワーク経由でOMENにアクセスできる。これにより別のWindows 10搭載PCからOMEN内のゲームライブラリにあるタイトルを、セキュアな環境で遅延の少ないプレイとして体験できるという。

豊富なゲーマー向けアクセサリー

PCゲーム業界の活性化を目指す日本HP

 同社の新ゲーミングブランドHP Pavilion Gamingは、ゲーミングPC市場の拡大に貢献することを目的にしたブランド。岡戸氏は「2つのブランドが並んでいると、片方が妥協していると思われがちですが、ゲームを楽しむためのスペックは一切妥協していません」とコメントしている。

 OMENはe-Sportsの活性化に貢献することを目的とし、プロを目指すゲーマーに向けて作っているとのこと。特に高い画質でゲームをプレイできることが大きな特徴だという。

 また、岡戸氏は「HPとしてはPCゲーム業界の活性化に力を入れていきたい」とコメント。今年度も東京ゲームショウに出展することや、人気ゲームタイトル「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のアジア大会「OMEN Final Circle」を開催することを公表した。

ゲームを身近に楽しみたい人向けの新ブランド「HP Pavilion Gaming」登場